ヨーロッパ30か国を4分で巡る。高画質の素晴らしいタイムラプス映像「マジカル・ヨーロッパ」[#takaue55]

 この夏休み、どこにも行けそうにない人も、この映像を見ることでヨーロッパを旅行している気分になれるかもしれない。30か国を2年間かけて旅した家族が膨大な写真をつなぎ合わせて作ったという四季折々のヨーロッパの光景は、まるで絵画を見ているような気分になれる。

no title

カラパイアよりhttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52169129.html

Posted in 観光, movie, 旅行 | Leave a comment

無料になった「海の道」、サイクリストが続々[#takaue55]

愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」の自転車道の通行料金が19日、無料になった。 瀬戸内海と島々の眺望を楽しめるとあって、サイクリングコースとして近年人気が高まっており、この日もさっそく大勢のサイクリストが「海の道」を満喫した。

 これまでは六つの橋ごとに50~200円、計500円の通行料が必要だった。県などの推計で、2012年度は約17万5000人が自転車で利用しており、愛媛、広島両県、今治、尾道両市が「観光振興になる」として国などに無料化を要望していた。

7月20日 読売オンラインより

http://www.yomiuri.co.jp/national/20140720-OYT1T50026.html?from=ytop_main8

Posted in トピックス, 瀬戸内海, 観光 | Leave a comment

東京五輪、セーリング会場見直し 千葉市も検討 (07/22 23:42)[#takaue55]

 

 東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、五輪のために新設するセーリング会場の「若洲オリンピックマリーナ」(江東区)も見直しの対象としていることが22日、組織委関係者の話で分かった。招致段階で92億円と見込んだ整備費の増大などが理由といい、稲毛ヨットハーバー(千葉市)などへの変更の可能性も検討している。

 関係者は「若洲はコストの問題がある。どこがベストの会場なのか精査しなければならない状況だ」と語った。舛添要一知事は同日、見直しについて「千葉、神奈川、埼玉というアイデアもある」と話した。

 

どうしん(北海道新聞)ウェブより

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/552706.html

Posted in オリンピック, ディンギー, 行政, 気になったニュース, 泊地 | Leave a comment

オリンパス、海がテーマの「第3回 子どもフォトコンテスト」[#takaue55]

オリンパスイメージングは7月21日「海の日」より、「未来に残したい海」をテーマとした「第3回 子どもフォトコンテスト」を開始した。NPO法人OWSとの共催で、11月10日までの期間、小学3年生から中学3年生を対象に作品を募集する。

応募するには、2,048×1,536ピクセル(約300万画素)以上でJPEG形式の撮影データを同コンテストの専用フォームより送信する。審査員は自然写真家・OWS副代表理事の高砂淳二氏と、海洋写真家・OWS理事の杉森雄幸氏が務める。最優秀賞(1点)には「OLYMPUS PEN Lite E-PL6 14-42mm EZ レンズキット」、優秀賞(3点)には「STYLUS TG-850 Tough」が副賞として贈られる。

001 昨年度の最優秀賞

 

002 昨年度のオリンパス賞

http://news.mynavi.jp/news/2014/07/22/416/

Posted in イベント, Photo, 写真, 告知, 子供 | Leave a comment

『平成26年秋の海の森まつり』植樹参加者募集のお知らせ[#takaue55]

22o7o400_01  22o7o400_02

 東京港の中央に位置するゴミと建設発生土で埋め立てられた島を、植樹活動によって美しい森に生まれ変わらせようというのが、東京都が行うの「海の森」プロジェクトだ。東京都港湾局では、ボランティアの方々が育てた苗木や募金で購入した苗木を植えてくださる方を募集している。初めての方でも気軽にご参加できる!

実施概要
日時

 平成26年11月14日(金曜)~16日(日曜) 各日とも10時00分と13時00分 少雨決行
※参加人数によってご参加いただける日が異なります。詳しくは下のリンク先をご覧ください。

場所

 「海の森」公園予定地(江東区青海三丁目地先「中央防波堤内側埋立地内」)

http://www.metro.tokyo.jp/INET/BOSHU/2014/07/22o7o400.htm

Posted in イベント, 環境, 行政, 告知 | Leave a comment

北極海航路利用の動きが活発化、昨年より1か月早く開通[#takaue55]

 ウェザーニューズ(千葉市美浜区)のグローバルアイスセンターは23日、2014年の北極海の海氷傾向を発表した。北極海の海氷は現在まで、過去数年と同じペースで減少しており、今夏の最小海氷域面積は昨夏以上に縮小すると予想した。北極海航路利用の動きが活発化、昨年より1か月早く開通02北極海航路はロシア側の北東航路、カナダ側の北西航路ともに8月中に開通し、昨年よりも1か月早い開通となる見込み。北極海航路の商業航海や資源開発の動きは年々活発化しており、海氷に関する詳細な情報へのニーズが高まっている。

 北極海航路利用の動きが活発化、昨年より1か月早く開通01

 北極海の海氷は、例年通り5月下旬から氷の融解が始まり、これまで過去数年と同程度のペースで減少を続けている。現在の北極海の海氷面積は750万平方キロで、海域別に見るとロシア側のラプテフ海では海氷の融解が進み、その大半がすでに開水面となっているが、東シベリア海やカラ海西部で広範囲に海氷が残っている。また、カナダ側のバロー沖やカナダ多島海でも海氷が残っている。

7月24日 Logistic Todayよりhttp://www.logi-today.com/117094

Posted in 環境, Navigation, 北極 | Leave a comment

今だけ新旧ヨットハウス対決/江の島[#takaue55]

梅雨が明け、本格的な夏がやって来た。夏休みに入った子どもたちから「パパ、ママ、どこか連れて行って」とせがまれ、「ああ、そのうちにね」と生返事を繰り返している人も多いことだろう。もしあなたが都内近郊に住み、「建築好き」を自覚しているならば、この夏のお薦めは神奈川県藤沢市の江の島だ。 江の島の東岸にある江の島ヨットハーバーでは今、50年目の建て替えで既に閉館した旧ヨットハウスと新ヨットハウスが南北に並んで建つ姿が見られる。

北西側の斜面から見た建物の全景。左が新ヨットハウス、右が旧ヨットハウス。旧ヨットハウスは今秋以降に解体され、跡地はヨット置き場になる予定(写真:吉田 誠)

 

海側の突堤から見た新旧のヨットハウス。旧ヨットハウス(左)は切妻屋根が放射状に突き出す外観(写真:吉田 誠)

(7月25日 ケンプラッツより)

http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140723/671796/?bpnet

Posted in トピックス, ヨットクラブ, Photo, 泊地 | Leave a comment