ウェザーニューズ、北極海観測衛星を公開 9月にも打ち上げ [#takaue55]

気象情報サービスのウェザーニューズは15日、同社が開発した民間初の北極海観測衛星の実機を公開した。9月28日から2カ月の間に打ち上げる。北極海は温暖化の影響で海氷が減少し、夏の2~3カ月間だけ通行可能な航路が出現している。海氷観測に特化した自前の衛星で船舶向け航行情報を安定して提供する。衛星はアクセルスペース(東京・千代田)と共同開発した。開発費用は約2億6000万円。サイズは27センチ四方で重さ約10キログラム。打ち上げ費用は明らかにしていない。草開千仁社長は今後も複数の衛星打ち上げを検討していることを明らかにした。北極海向けに限らず、気象観測のインフラを自社で宇宙に整備していく考えを示した(2012/5/15 19:22日本l経済新聞)

link

Advertisements
This entry was posted in トピックス, 環境. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s