「大きくなあれ」園児が稚魚1千匹放流 高松[#takaue55]

高松市浜ノ町の大的場海水浴場で30日、高松幼稚園(同市亀岡町、丸山京子園長)の年長組の園児54人がヒラメとメバルの稚魚約千匹を放流した。海の事故防止などの啓発活動をしている遊漁船愛好家らの団体「香川県地区小型船安全協会」が毎年催している。この日放流されたのは、坂出市の会社が育てた生後約80日、体長4センチほどのヒラメとオキソメバルの稚魚。長靴を履いて砂浜に集まった園児らは、稚魚の入ったバケツを持って順番に波打ち際に行き、「大きくなあれ」と声をかけながら稚魚を放った。

takamatsu

This entry was posted in トピックス, 海難. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s