NHK朝の連ドラ「あまちゃん」制作発表で宮藤官九郎登壇[#takaue55]

平成25年度前期連続テレビ小説「あまちゃん」の脚本を宮藤官九郎が手がけることが決定。本日6月4日に東京・NHKにて制作発表会見が行われ、宮藤と番組プロデューサーが登壇した。制作発表では、まずプロデューサーがタイトルの意味を「海に潜る海女さんの話だからなのと、人生の“甘ちゃん”だった女性というのをかけている」と説明。宮藤に脚本を依頼した経緯については、彼が田舎が好きだということ、そして「ローカル線があったりする、ちっちゃな田舎の村おこしの話を書きたい」という話を交わしたことで決定した、と語った。物語では、ヒロインが地元のアイドルになっていく過程が追われるとのことだが、「最初に思ったのは、その土地に行かないと会えないアイドルがいるっていうのはいいかなということで」と説明。連続テレビ小説「あまちゃん」は2013年4月1日(月)からスタート。同年9月28日まで、全156回の放送を予定している。舞台は東北・北三陸の小さな田舎町で、東京に住む引きこもりがちな高校2年生のヒロインが母の実家で現役海女である祖母に出会い、成長していく様子が描かれる。

news_thumb_IMG_1059久慈の海に潜る海女をバックに、舞台背景を説明する宮藤。

This entry was posted in イベント, 芸能, 娯楽. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s