広島湾でスナメリの大群発見 [#takaue55]

スナメリ浮きの周りに集まったスナメリの群れ=11日午後、山口県周防大島町沖(撮影・山本誉)

山口県の周防大島町北方の広島湾で11日、クジラやイルカの仲間スナメリ約100頭が群れで泳いでいるのを、中国新聞社のカメラマンが撮影した。専門家も「瀬戸内海でこれほどの大群は初めて聞く」と驚いている。泳いでいたのは周防大島の沖合約5キロ。約200メートル四方の海域で約100頭をヘリコプターから確認。カキいかだからはずれて漂流する浮きの周りで遊ぶ姿もあった。須磨海浜水族園(神戸市)の長谷川修平副園長は「小魚の大群に集まったのだろうが、これほどの規模は珍しい」と話す。生息数調査を通じ、瀬戸内海の環境の健全度を点検している広島工業大(広島市佐伯区)の上嶋英機教授は「春と秋に十数頭の群れを見かけるが、100頭は破格の多さだ。環境回復の兆候であってほしい」と期待していた。

This entry was posted in イルカ・クジラ, トピックス. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s