島根の魚の直接取引 販路拡大[#takaue55]

漁業協同組合「JFしまね」と小売り大手「イオンリテール」(千葉市)は21日、魚を漁船ごと買い取る直接取引の規模を拡大し、販路を関東、東海地方などにも広げると発表した。消費増を狙って漁港で食べやすいように加工し、翌朝にはグループ店頭に並べる。両者は燃油高騰を機に、2008年から取引を始めた。JF側は規格外でも買い取られ、値段交渉も漁業者側の意向が反映できる。漁業者の生活を守り、魚食文化を将来につなげる意味もあり、漁師の手取りは1割ほど増えたという。一方、イオン側は新鮮で種類が豊富な魚を消費者に届けられる利点がある。岩手、山形、千葉、神奈川、石川、広島の6県のJFとも同様の取引をしている。

http://mytown.asahi.com/shimane/news.php?k_id=33000001206220009

This entry was posted in ビジネス, 漁業. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s