日韓関係に深く刺さったトゲ「竹島問題」[#takaue55]

北東アジアの安全保障情勢の焦点となっているのは、言うまでもなく北朝鮮の核問題である。2011年、金正日総書記の死去で国家指導者が若い金正恩第1書記に交代しても、この問題は変わらず周辺諸国にとって重大な課題であり続けている。北朝鮮の動向をめぐる外交上の密接なプレイヤーとして、「6者会談」に加わる日本、韓国、米国、ロシア、中国が挙げられる。これらの国々の北朝鮮に対する態度は、「核兵器拡散の阻止」という点で緩やかな方向的一致があるものの、その他の問題はそれぞれの国益にからみ一致していない面が多い。実はその中で大きな影を投げかけているのが、竹島(独島)領有問題なのである。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/35516

This entry was posted in 国際関係, 政治. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s