新製品だそうです。Sailchute(セイルシュート)[#takaue55]

Alt_Sail chute in operation1

この風下航用セイル「Sailchutes」は、非常に効果的に働くそうである。風向に垂直であるため、多くの風が受けられるからだ。ヨットが風下航する場合、通常のセイルでも、翼形状ではなく袋のような形になりますます。Sailchutesオーストラリアという会社は、その概念に拡大し、完全な風下航専用のセイルを設計しました。船上の動きが安定している間はSailchuteは風によって左右に優しくロールバックされます。この場合は、むしろ一緒にボートを押すデッドランよりも、走りは安定するそうだ。Sailchuteが船首を持ち上げて船を引っ張るかららしい。Sailchuteは定常風下コースでは風に合わせて常に左右に優しくロールバックしているため、ほかのセイルと違って、誤った操作によるワイルドジャイブの恐怖はないとのこと。舵の動作も最小限に抑えられるとのこと。15から25ノットの風速で使え、収納は小さな袋にパックされ、パックされたサイズは小さいスピネーカー以上にはならない。すべての長さのボートで使えるとのこと。セットも簡単なので人での足らないクルージングボートに向いている。見た目のように、セイルというよりパラセールにみたいなので、わたしなら、聞き分けの無いゲストとか、言ううことを聞かないクルーを括りつけて、空に飛ばしてみたい。

Sailchutesオーストラリアについて: Sailchutesオーストラリアは、鳥のパラセールオーストラリアの一部門です。同社は、オフィスと壮大なシドニーハーバー、シドニーの西のウィンザーでの製造施設の北海岸にマンリーの埠頭施設を持っています。同社から詳細はこちらのウェブサイト

This entry was posted in グッズ, トピックス, cruising. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s