水難事故相次ぐ/松崎で1人死亡 [#takaue55]

水難事故多発警報が発令中の伊豆地域で2日、水難事故が相次いだ。松崎町では1人が溺れて死亡、下田市の白浜大浜海水浴場では1人が頭を強く打つけがをした。同海水浴場では県や市、下田署、下田海上保安部など6機関による水難事故防止キャンペーンが実施されているさなかだった。松崎署によると、松崎町雲見沖で同日午後1時ごろ、埼玉県蓮田市の無職門田(もんでん)史郎さん(66)が行方不明になった。同海保の特殊救難隊員が同4時半ごろ、海底で、門田さんを発見し、救助したが死亡した。同海保によると、門田さんは仲間とヨットで下田港を出港。午後0時50分ごろに雲見沖でシュノーケルを付けて海に入ったという。一方、白浜大浜海水浴場では同日午後1時15分ごろ、東京都府中市の男性(52)が頭を強打し、ドクターヘリで病院に搬送された。下田署によると、ボディーボード中に波にのまれ、波打ち際で頭を強く打ったらしい。事故当時、波の高さは約1・5メートルで、「遊泳注意」の状態だった。同海水浴場では昨年8月、離岸流により2日間で十数人が流され1人が死亡している。この日のキャンペーンは昨夏の事故を受けたもので、下田市の楠山俊介市長ら約50人が砂浜を回り、「離岸流に注意して」「熱中症にかからないよう十分に水分をとって」などと声をかけた。伊豆地域では今年7月25日からの1週間で、5件(死者1、けが人2人)の水難事故が起きていた。(2012年08月03日朝日新聞静岡版)

http://mytown.asahi.com/shizuoka/news.php?k_id=23000001208030003

This entry was posted in 海難. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s