0センチの津波、10分以内に39カ所に 高知県が巨大地震で試算[#takaue55]

高知県は15日、南海トラフ巨大地震で最大級の津波が発生した場合、沿岸19市町村の803カ所に津波が到達する予測時間をまとめた。徒歩で避難することが困難になるとされる目安の30センチの津波が10分以内に到達する施設は39カ所(11市町)に上った。10分以内に30センチ浸水すると想定したのは、高知市の桂浜や東洋町の甲浦中学校、中土佐町の久礼漁協、土佐清水市の海の駅など。最短の約3分で到達が予測されるのは奈半利町の加領郷の漁協などだった。30分以内の浸水が予測されるのは404カ所。30センチの津波と最高津波が到達する時間を推計した。南海トラフで起きる可能性があるとして内閣府が公表した11ケースの津波モデルのうち、4ケースで試算した。

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO45023570V10C12A8LA0000/

This entry was posted in 調査, 海難. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s