北極海の氷面積”減少”が加速 過去最小の2007年上回る? [#takaue55]

北極海を覆う氷の面積が、観測史上最小を記録した2007年のそれを上回るペースで減少しており、このままなら9月にも最小記録を更新する可能性が高いことが、JAXAの研究データなどから明らかになった。JAXAによれば、昨年夏は2007年を次ぐペースで氷が小さくなったが、その後冬の寒さで面積は一時的に回復した。しかし、2012年8月に入ると再び減少ペースが加速し、8月18日現在の面積は約466万平方キロメートルとなっている。今までの最小記録は2007年9月24日の425万平方キロメートルだが、このままのペースなら面積が400万平方キロメートル以下になる可能性もあるという。

http://jp.ibtimes.com/articles/34372/20120823/1345652272.htm

This entry was posted in トピックス, 環境, 科学. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s