超高級ヨットのオーナーに、太陽光発電の売りは「静音性」[#takaue55]

solar-power-allows-luxury-yachts-to-cruise-in-silence1

高級ヨットのオーナーが太陽光発電装置を積んだ船に乗り代えるのは、電気代を節約したいからではなく、静かな船旅の邪魔になる発電機の騒音から逃れたいからだ。Ned Ship Group社とSTR Europe社が提携し、2種類の超高級ヨットを開発しようとしているが、その背景にはそんな潜在オーナーたちのニーズがある。計画中のヨットはいずれも太陽電池と発電装置(電気のみ、またはハイブリッド式のどちらか)を搭載。全長約20mのカタマラン(双胴船)のほうは、プライベートな目的に使うヨットとしても、あるいは設備の整ったフェリーとしても利用できる。いっぽう全長約40mのトリマラン(三胴船)には、プールや複数の娯楽エリアが備わっている。これらのヨットは必要最小限のエネルギーで、快適で安全な航行を実現するように設計されている。カタマラン・ヨットはフル電動の場合で最高速度10ノット、一日6時間の航行が可能で、ハイブリッドエンジンを積めば最高速度は18ノットにもなる。いっぽうトリマラン・ヨットでは、ハイブリッドエンジン搭載で最高速度25ノット、航続距離も最長4,000海里になるという。

solar-power-allows-luxury-yachts-to-cruise-in-silence2

link

This entry was posted in トピックス, ボート, trend. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s