服を着たままおぼれたら…親子が着衣泳学ぶ 伊丹 [#takaue55]

「防災の日」の1日、津波や風水害、水難事故に備えて、衣類を身につけたままおぼれた際の対応を学ぶ「着衣泳」の講習会が兵庫県伊丹市立女性・児童センターのプールであった。親子連れ約20人が慣れない動作に苦戦しながらも、うまく浮くこつやペットボトルを使った救助方法を習得した。着衣泳は服や靴を着用した状態で、水中で浮いたり移動したりして、呼吸を確保しながら救助を待つ動作。東日本大震災で宮城県東松島市の小学生が津波に流されながらも助かった例を知り、市危機管理室が企画した。b_05348070

http://www.kobe-np.co.jp/news/hanshin/0005348069.shtml

Advertisements
This entry was posted in スクール, 子供, 海難. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s