神戸と海の観光を考える 海事観光立国フォーラム・須田寛さん講演[#takaue55]

海事と観光の振興のあり方を考える「海事・観光立国フォーラムin神戸」が7月13日、神戸市内で開かれ、観光庁から井手憲文長官も登壇し、観光振興への意識の共有が図られた。フォーラムは、日本海事センター(小幡政人会長)とJAPAN NOW観光情報協会(大島愼子理事長)の共催。12回目となる今回は国際観光・海事都市としての神戸の発展がテーマで、神戸をはじめ関西圏の海事・観光関係者ら約250人が参加した。井手長官は国の観光立国政策について解説。3月に閣議決定された第2期・観光立国推進基本計画、インバウンド、訪日クルーズ旅行の取り組みについて紹介した。海事と観光の振興を考える「海事・観光立国フォーラムin神戸」がこのほど、神戸市内で開かれた。観光分野では井手憲文・観光庁長官が登壇(本紙7月25日号に掲載「井手観光庁長官が講演 海事・観光立国フォーラムin神戸」)したほか、JR東海の須田寛相談役が「国際観光都市・神戸の魅力」を演題に講演。ニューツーリズムの観点から「神戸と海の観光」の可能性を語った。須田さんは港湾都市・神戸を念頭に、海に面する利点の一例として「ビル街も海を背景にすれば景観が美しく見える。"よそ者"はそう見ている」と評した。しかし、海を有する地域の人々はその魅力に気づいていないことが多く、もっと活用すべきだと強調した。須田さんは港湾都市・神戸を念頭に、海に面する利点の一例として「ビル街も海を背景にすれば景観が美しく見える。"よそ者"はそう見ている」と評した。しかし、海を有する地域の人々はその魅力に気づいていないことが多く、もっと活用すべきだと強調した。そして、「海」を観光の視点から論じる。海は景観や歴史文化、産業といった重要視すべき観光分野の接点に位置している存在とし「海を考えるだけでそのまちの観光が変わる」また、ニューツーリズムの観点から「海」を見ても「漁業、生産、運輸の第1―3次産業としての見方と、スポーツ、エコ、ヘルスなどのニューツーリズム各分野としての見方で捉えられる」と分析し、その可能性の豊かさに「海は新しい観光を見出せる素材」と期待感を示した。

http://www.travelnews.co.jp/closeup/report/1209071154.html

This entry was posted in イベント, 瀬戸内海, 生活, 開発, 観光, 泊地. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s