瀬戸内海沿岸の工場にメガソーラー、2013年末に出力を17MWで稼働開始[#takaue55]

Mitsui_Oita_Megasolar_2

メガソーラー設置後の予想図

三井不動産と三井造船は、大分県大分市にある三井造船大分事業所の遊休地にメガソーラーを建設することを明らかにした(図1)。大分事業所はコンテナ用クレーンや、橋梁などの大規模構造物を製造している拠点。大分事業所におけるメガソーラー事業には、三井造船が51%、三井不動産が49%出資する。今回建設するメガソーラーの最大出力は約17MW(1万7000kW)。2012年10月に着工し、2013年完成の予定。運転開始は2013年12月となる見込み(図2)。発電した電力は全量を九州電力に売電する。

Mitsui_Oita_Megasolar_1三井造船大分事業所の全景。瀬戸内海沿岸に位置している

http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1209/18/news020.html

This entry was posted in 瀬戸内海, 環境, 開発, 泊地. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s