沖縄美ら海水族館が“一番”になったターニングポイントとは?[#takaue55]

スポーツはもちろん政治、芸能界に至るまで、あらゆる世界に存在している“逆転劇”。そんな逆転劇の当事者や関係者の知られざるエピソードを紹介する「痛快!逆転レジェンド~Xの伏線~」が10月8日(月・祝)に関西テレビで放送される。同番組は“ただの偶然=奇跡”ではない4つの逆転エピソードを徹底取材。当事者や関係者の間だけでしか知り得ないエピソードや思いをインタビューと再現VTRで明らかにし、逆転劇のナゾを解き明かしていく。古今東西の逆転劇が起こった時“X(エックス)の瞬間”を、ストーリーテラーの市川猿之助が案内する。「海遊館VS美ら海水族館“日本一”をかけた知られざる逆転劇」では、2002年にリニューアル・オープンした沖縄県の人気観光施設「沖縄美ら海水族館」の入場者数日本一奪還の瞬間を解き明かす。同水族館のスタッフは「水槽の中を沖縄の海そのものにしたい!」という思いから、容量7,500立方メートルというとてつもない水槽でのジンベエザメの飼育や、他に類を見ないサンゴ礁の大規模飼育などさまざまな工夫を実施し、入場者をとりこにしていった。その結果、ついに大阪にある「海遊館」との入場者数を逆転させることに成功する。

http://news.walkerplus.com/2012/1006/2/

This entry was posted in ビジネス, 観光, TV, 娯楽, 水族館. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s