Daily Archives: October 8, 2012

岡山県牛窓町の観光情報・グルメ・宿泊情報が記載の「 うしまどストーリー」[#takaue55]

観光協会が運営する公式ホームページ。「日本のエーゲ海」とよばれる牛窓の海を見ながら、遊んで、食べて、ゆっくりとペンションで宿泊しませんか。 http://www.ushimado.info/spot/detail.php?id=12 ヨットハーバーもあるし、着岸できる豪華リゾートホテル「リマーニ」もあるし、景色はいいし、酒も魚も美味しい牛窓は、何度も寄港しましたが、おすすめのクルージングスポットです。

Posted in ホームページ, cruising, 瀬戸内海, 泊地 | Leave a comment

10月14日(日)に、豊島・泉屋(書院)でボサノバライブ あります!このライブに間に合うヨットが高松からでます♪[#takaue55]

瀬戸内海に浮かぶ島、香川県の豊島にある、家庭料理や本格的なお茶、ワインや パスタなどが味わえる「泉屋」と、幕末から明治にかけての西日本屈指の材木商であった片山氏の邸宅「片山邸」についてのご案内です。瀬戸・高松ブラジル音楽フェス@泉屋に間に合うように、クルージング会社の風向さんが、ヨットに乗せてくれることになりました。(往路のみ)こちらでご案内しております。 http://www.teshima-izumiya.jp/news/entry-38.html http://www.teshima-izumiya.jp/news/entry-36.html

Posted in イベント, ブログ, cruising, 瀬戸内海, 芸能, 観光, 告知 | Leave a comment

カヌー、ヨットなど水上スポーツ 松江に「推進する会」 [#takaue55]

島根、鳥取両県にまたがる中海をヨットやカヌーなど水上スポーツの世界的な拠点に整備することを目指す「中海地域の振興を推進する会」が、松江市で発足した。中海を囲む同市の本庄、八束、美保関3地区の自治会連合会などが参加。構想実現を県と市に求める署名活動を始めた。同会によると、整備を目指す「中海アクアスポーツ公園」は、競艇やカヌー、トライアスロンなどの国際大会に対応できる競技施設や合宿所を完備。日本の体育発展に尽くした同市出身の岸清一(1867~1933年)をたたえる施設とも位置づけている。構想では、来年が“近代スポーツの父”といわれる岸の没後80年にあたることから、中海で青少年レガッタ大会を開催。生誕150周年となる平成29年には、英国の大学レガッタで最も知られた伝統の一戦「オックスフォード対ケンブリッジ」を誘致することも目指している。 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121002-00000002-san-l32

Posted in イベント, トピックス, 普及活動 | Leave a comment

海でボート転覆 市議は死亡 同乗男性は無事救出(12/10/02) [#takaue55]

ボートが転覆し、市議会議員の男性が死亡しました。 http://www.youtube.com/watch?v=aYb-iE7Xy78

Posted in ボート, News, 動画, 海難 | Leave a comment

ananahi-yachtヨット教室 [#takaue55]

千葉市稲毛ヨットハーバーにてプライベートヨット教室を開講。初歩からお気軽に参加できるヨット教室をめざしています。ヨットってどうやって動くの?のり方はどうするの?まずは体験してみてください。《1日遊覧コース料金》3,000円使用艇A級ディンギー《基本4回コース》は各回5,000円(部分レッスン可能)※4回コース終了後はレベルアップ指導料含め料金1回3,000円です。 詳細はhttps://sites.google.com/site/ananahishare/home/ananahi-yachtheへ http://blog.goo.ne.jp/ananahi-yacht/e/eda983725c2b03ca4484bd9e6567b7dc?fm=entry_awc

Posted in スクール, ホームページ, ヨット | Leave a comment

ヨットスクール代表の男性死亡 八丈島で高波に?(12/10/04) [#takaue55]

http://www.youtube.com/watch?v=vZpbtoNeLys&feature=plcp

Posted in ヨット, 海難 | Leave a comment

東北を復興へ導く「ROADプロジェクト」 [#takaue55]

50億円を超える支援金で、東日本大震災から復興への「道」を拓く 日本財団は多様化する社会問題に取り組んでいます。市民のみなさん、企業、NPO、公的機関。すべての人々とともに「みんなが、みんなを支える社会」を目指すための活動の一端を紹介します。 http://www.nippon-foundation.or.jp/what/spotlight/tohoku_earthquake/

Posted in 復興支援 | Leave a comment