航行中の海自潜水艦で乗員が水死 艦橋部分で発見 [#takaue55]

和歌山県美浜町の南西約25キロ沖を航行していた海上自衛隊第1潜水隊群(広島県呉市)所属の潜水艦「そうりゅう」(基準排水量約2900トン)から8日午後3時半ごろ、「乗員1人が死亡した」と田辺海上保安部へ通報があった。海上幕僚監部広報室や田辺海保によると、死亡したのは3等海曹の男性(20)で、水死だった。8日正午ごろ、潜航していた艦内で3等海曹の所在がわからなくなったため、浮上して捜していたところ、約2時間後に、艦の上部に突き出た艦橋部分で見つかった。艦橋は、浮上時に乗員が操艦する場所で、潜水時には水没する。3等海曹が見つかった場所は、潜望鏡などを収納する場所で、整備時以外は立ち入らない場所という。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121009-00000002-asahi-soci

This entry was posted in 海難. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s