ミウッチャ・プラダ、ヨットレース"アメリカズカップ"用ヨットに41億円投資[#takaue55]

プラダの創立者マリオ・プラダの孫娘にあたり、現在は同ブランドのオーナー兼デザイナーを務めるミウッチャプラダ。彼女が、プラダのCEOである夫のパトリッツィオ・ベルテッリと共に来年サンフランシスコで開催される世界最大規模の外洋航海ヨット・レース「アメリカズ・カップ」に出場させるための豪華ヨットに4,000万ユーロ(約41億5,200万円)をつぎ込んでいる。2人にとってはアメリカズ・カップに挑戦するのは今回で4度目。今回投資した最新ヨットは、これまでのものと比較するとで最も性能が良いものになるらしい。ベルテッリは、ヨットレース事業にも熱心で、彼の代で国際レースであるアメリカスカップに挑戦。2000年大会では「アメリカズ・カップ」への挑戦者決定戦「ルイ・ヴィトンカップ」で優勝したものの、アメリカスカップ本戦で姿を消している。07年大会では「ルイ・ヴィトンカップ」で惨敗、これをもって1度は同大会への挑戦を終了することを宣言したものの、再び「アメリカズ・カップ」に挑んでいる。プラダがスポンサーを務める「マキシカタマラン号」は、製作に5万2,000時間が費やされ、総勢300人の手によって作られたという。ベルテッリは「ボートやヨットなどと呼ぶには相応しくないほどのできばえだ。まさに洋上を航海する産業用の人工物とでも言うべきだね」と語っている。今回のヨットは先日、ニュージーランドのオークランドにてパトリッツィオのセーリング・チーム「ルナロッサ」の最新機種として正式に公表。

http://news.mynavi.jp/news/2012/11/02/194/

This entry was posted in アメリカズカップ, トピックス. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s