4400万年前に年間を通じて存在した北極海の海氷[#takaue55]

暁新世-始新世温度極大期として知られる極度に温暖な時期からわずか200万年~300万年後の、全球の温度が現在よりも高かったときに海氷は北極の夏季でも存在し続けていた。今週のオンライン版に発表された研究によると、一年を通じて海氷が覆っていた期間は約3670万年前までは短く、夏季に氷がない状態から一年を通じて海氷がある状態への変化(およびその逆)には、これまで考えられていたよりも小さい温度変化で十分だったことが示唆されている。

http://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/9053Nature Geoscience

This entry was posted in 環境, 科学, 北極. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s