東京五輪、セーリング会場見直し 千葉市も検討 (07/22 23:42)[#takaue55]

 

 東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、五輪のために新設するセーリング会場の「若洲オリンピックマリーナ」(江東区)も見直しの対象としていることが22日、組織委関係者の話で分かった。招致段階で92億円と見込んだ整備費の増大などが理由といい、稲毛ヨットハーバー(千葉市)などへの変更の可能性も検討している。

 関係者は「若洲はコストの問題がある。どこがベストの会場なのか精査しなければならない状況だ」と語った。舛添要一知事は同日、見直しについて「千葉、神奈川、埼玉というアイデアもある」と話した。

 

どうしん(北海道新聞)ウェブより

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/552706.html

This entry was posted in オリンピック, ディンギー, 行政, 気になったニュース, 泊地. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s