コルサコフ(ロシア)から男性6人が来紋、ヨットで入港21日まで滞在

紋別の姉妹都市・コルサコフ市(露・サハリン州)からロシア人男性6人が18日、ヨットに乗って紋別港に入港。親交の深い紋別市民との交流を楽しんでいる。
 今年で11回目となる来日。平成10年に紋別ヨット協会(畑中正義会長)の会員がオホーツク海を縦断してコルサコフ市を訪れたのがきっかけとなり、それ以降両市のヨット仲間が相互に訪問する民間レベルの交流が続いている。
 訪問団が入港した紋別港第3防波堤では同協会の成田正行理事長、紋別市国際交流委員会の加藤洋子会長らが歓迎。同委員会で昨年新調した、「ようこそ紋別へ」とロシア語で書かれた横断幕を広げ、再会を喜んだ。
 リーダー役のチュガイ・イーゴリ・ニコラエヴィッチさん(43)は「港で発電所の工事が始まっていて驚いた。滞在中はこの1年間の紋別の変化を確かめるとともに、コルサコフと紋別の姉妹関係発展に携わってきた〝友人〟たちと会いたい」と話した。いっぽう今回初めて紋別に足を踏み入れたサローマハ・ルスラーン・ヴァーリェーリエヴィッチさん(41)は「船の停泊場所が広く、入国手続もスムーズで外国人を受け入れる環境が整っていると感じた。流氷科学センターはすごい施設と聞いているので見学が楽しみだ」と笑顔を見せた。
 イーゴリさんらは21日まで滞在を予定。ヨット協会や国際交流委員会のメンバーと親睦を深めるほか、近くサハリンで開かれる物産展に参加する紋別市関係者との意見交換、公園・レジャー施設の見学などのスケジュールをこなす。20日夜には観光盆踊りにも特別参加する。
 また、19日午後1時からは訪問団自らがコルサコフの特色を紋別市民に紹介する講演会が市立博物館で開かれる。市では「この機会に姉妹都市について現地の人から学び、相互理解を深めましょう」と参加を呼びかけている。入場無料。
 詳しくは市企画調整課国際・地域交流担当(電話24・2111、内線337)へ。

140819_2

8月19日北海民友新聞より http://www.minyu.ne.jp/digitalnews/140819_2.htm

This entry was posted in セーリングクルーザークルーザー, トピックス, ヨットクラブ, 国際関係. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s