北極の冬季海氷面積、観測史上最低水準に 米報告書[#takaue55]

北極の冬季海氷面積、観測史上最低水準に 米報告書

 

【3月20日 AFP】米国立雪氷データセンター(National Snow and Ice Data CenterNSIDC)は19日、北極の冬季海氷量が、1970年代に衛星観測が開始されて以来の最低水準にまで減少しているとの報告書を発表した。地球温暖化による海氷融解と海面上昇の加速に対する懸念が浮き彫りになった。

 報告書によると、冬季に観測された海氷面積の最大値は、科学者らの予想より早い2月25日の1450万平方キロだった。これは衛星観測史上の最小値でもあるという。平均を下回る海氷状態は、ラブラドル海(Labrador Sea)とデービス海峡(Davis Strait)を除く全域で観測された。

 現在の海氷面積は、1981年~2010年までの30年間の平均を約110万平方キロ下回っているとされ、これはスウェーデンの国土面積の2倍以上に相当するという。

 また海氷面積の最大値については、これまでの最低だった2011年の値を13万平方キロ下回った。

 この報告書の内容について環境保護論者らは、地球温暖化の進行を示すさらなる証拠に他ならないとして、温室効果ガスを大気中に放出する化石燃料の燃焼抑制に向けた対策の必要性を訴えている。

 英ロンドン大学経済政治学院(London School of Economics and Political ScienceLSE)グランサム気候変動環境研究所(Grantham Research Institute on Climate Change and the Environment)のボブ・ワード(Bob Ward)氏は「漸進的な海氷消失は、極地域の人間および動植物に対してのみならず、全世界に海面上昇という形で、深刻な結果をもたらしている」と語った。

 世界自然保護基金(World Wildlife FundWWF)は、海氷の消失について、ホッキョクグマから海洋生物までの海氷に依存する多種多様な生物が困難な状況に陥ることを意味すると指摘している。

 WWFで気候変動・代替エネルギー問題を担当するサマンサ・スミス(Samantha Smith)氏は「気候変動は北極圏にとどまらない。温室効果ガスを劇的に削減しなければ、結果として、予見や予測が不可能で、自然界や人間に害をもたらす気候に直面することになる」と話している。

 ただNSIDCによると、海氷消失の大半は、ロシアと米アラスカ(Alaska)州の一部で2月の気温が異常に高かったことが原因の可能性があり、平年より遅く海氷の急成長が起きる可能性もまだあるという。

 2014年~15年の冬季海氷に関する詳細な分析結果は4月上旬に公表される予定。(c)AFP

http://www.afpbb.com/articles/-/3043064

This entry was posted in 環境, 北極. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s