Category Archives: よもうみ話

鉄腕DASHの新企画『DASH島』の場所がさっそく特定される 瀬戸内海・由利島 [#takaue55]

ジャニーズ事務所のTOKIOが出演してい体験バラエティー番組「鉄腕DASH」のなかの人気企画コーナー『DASH村』の後をついで『DASH島』がはじまっているが、秘密とされているその島の場所が特定された。そこは、愛媛県松山市に属する島。松山港の沖合の無人島、由利島。由利島(ゆりじま)は伊予灘に位置し、面積0.45平方キロメートルの小島である。大小二つの島が砂州でつながった形をしており、特徴のある形をしているので、特定に時間はかからなかったようだ。実はわたしも、行ったことのあるしまなので、伊予灘のどこかの島ではないかと思っていた。愛媛県や広島県のヨット乗りは、TVを見て、きっとすぐにわかったのではないか。 弥生時代の土器が出土しており、この頃から人が住んでいたものと思われる。この頃、既に周防国や安芸国、九州との中継地となっていたと見られている。かつては由利千軒と呼ばれるくらいたくさんの人家があったといわれているが、弘安年間(13世紀)に地震(津波とする説もあり)により水没したといわれ、海中にそれをうかがわせる石積みも見えるという。 付近の海域は古くから鰯等の好漁場として知られ、高浜港と二神島との漁民の間で漁場をめぐる争いが絶えなかった。また、近世には紀州の塩津村から漁期のみ人が住み着き、今日でいう入漁料を払って漁労を行っていた。後年、忽那諸島の二神島や長師(中島)だけでなく、安芸の瀬戸村や岩城島(越智諸島)などからも出漁し、争いが絶えず、寛文9年にとりかわされた取り決め文書が残っている。干鰯として加工していた。 次第に二神島から漁民が移り住むようになり、特に昭和初期には好漁が続き、夏の漁期には数百人が暮らしていたという。太平洋戦争時には日本海軍により、大由利に監視台が置かれていた。 やがて不漁となったため、人口も減り、1960年(昭和35年)には人口6人との記録があるが、1965年(昭和40年)にはこの6人も島を離れ、無人島となった。 かつて、連絡用に赤電話が引かれ、出作の人や漁民等の連絡用として用いられていた。家屋型の電話ボックスもあり、無人島の電話ボックスとして有名であったが、利用が少ないため撤去する動きがあり、二神島の住民が費用をもつことで存続されたものの、結局、1993年には不通となり、ついに電話機も撤去された。私が昔訪れたときは、まだこの電話ボックスがあった。なんでも海で遭難して、遭難者が島に生きたまま漂着した時に、救助を求めるのに必要だからと、無人島であっても公衆電話を残していたという。親切なことに、電話の横には10円玉を必ず置いていたと聞く。うみの人間には素敵なエピソードにかんじたものだ。 今日では、釣りを楽しむ人や無人島キャンプに訪れる人が来島する程度。砂州にかつての集落があり、魚干し場や井戸の跡が残っている。また、漁港もある。 http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-2640.html

Posted in よもうみ話, cruising, 芸能, 泊地 | Leave a comment

エーゲ海はしょっぱいし、魚は高いゾ!

わたしがこれまで訪れたことことのある海での中で、地中海が一番しょっぱかったということまで書いたが、なぜそうなったかについては諸説あるが、古生代から外海の海水が流入しにくい大きな内海のような地形であり、それが現在の大きさまで縮小してきたらしいが、その間に太陽熱による蒸発でしだいに内海の塩分濃度が高くなったという説を、現地の夏の長さと日差しの強さを実感している身としては、信じている。 実際、新鮮な大西洋の海水が流れこむジブラルタル海峡から東に行くほど地中海上層に限っては塩分が高いような気がする。エーゲ海が一番しょっぱいし、泳いでいて目に海水が入ると、びっくりするほどしみた記憶がある。面白いのは、一番東に位置する黒海が、エーゲ海ほどしょっぱくなかったことだ。たぶん、ドナウ川、ドン川、ドニエプル川などの大河がながれこんでいるので、淡水の流入量が海水の蒸発量を上回っているのだろう。 そんなわけでエーゲ海が世界で一番しょっぱい海だと思っている。 そのエーゲ海で4夏連続してセーリングクルーザーを1週間チャーターしてクルージングしたことがあるが、ちょっと意外だったのは、海に潜ってみても魚の姿が非常に少なかったことだ。雑誌の記事を書く都合もあって朝早く何ヶ所か漁港の荷揚げ場や市場にも行ってみたが、とてもプロの漁師の水揚げとは思えないような貧弱な水揚げだった。さすがに大都市に近い市場には多くの魚が並んでいたが、その浜値は驚くほど高かった。近くにいた市場のスタッフにその理由を尋ねたところ、海域全体の水揚量が年々少なくなっているそうで、需要と供給のバランスで高値になっているとのことであった。たしかにギリシャの海辺のレストラン(タベルナ)では、シーフードはその値段からもっともぜいたくなメニューとされていた。個人的には、数千年前から文明を築いた人類rが住んでいた閉鎖海域は、差し詰め天然の釣り堀として人々に魚を獲られつづけてきたのだから、現在、魚が少なくても当然なのではと感じたのを憶えている。 結論。エーゲ海では目を開けて泳ぐのはおすすめしない。また、シーフードは避けたほうが賢明だ。魚を食べたいなら、伊豆半島の民宿や紀伊半島の民宿をお勧めする。次回は、わたしが知っている一番しょっぱくない海について書くつもりだ。それはバルト海……。

Posted in よもうみ話 | Leave a comment

海のしょっぱさは同じじゃない!?(1)

海水が塩分を含んでいるのは、誰でも知っている常識であるが、同じ海水であってもその味は地球規模で見ると、地域によってまったく違うことをごぞんじだろうか? 30年近くヨット雑誌の記者をやっていて、あちこち海外取材の機会のたびに、行った先でそこがどんな汚れた海水であってもかならず口に入れてその味を確かめてきたわたしが言うのだから間違いない。 ちなみに、モルディブの環礁に抱かれたエレラルドグリーンに透き通った海水を口に含むのはなんの抵抗もなかったが、七色にぎらつく油が浮いたマンハッタン島南部のサウスシーポートの港内の海水を口に入れるときはちょっとした度胸が要ったものだ。 では、わたしがあじわった範囲内で一番しょっぱいうみはどこかというと、それはダントツで「地中海」である。クイズ番組だと、おそらく正解は「死海」といことになるのだろうが、残念ながらわたしは死海には行ったことはないので選ばなかった。(つづく)

Posted in よもうみ話 | 1 Comment