Category Archives: コラム

ヨーロッパ、海に沈んだ幻の大地[#takaue55]

現在の英国があるブリテン諸島はかつて、ヨーロッパ大陸と地続きで、そこには人が暮らしていた。だが、気候の温暖化にともなって徐々に海面が上昇し、その大地「ドッガーランド」は海に沈んだ……。失われた大地の手がかりが、北海の海底から見つかり始めたとき、誰もその存在を信じようとはしなかった。海底から最初に痕跡が見つかったのは、およそ150年前。オランダ沿岸部でビームトロールという漁法が広まったころだ。漁師たちは重りをつけた漁網で海底をさらい、主にカレイやヒラメなどを捕っていた。だが時々、巨大な動物の牙が網にかかることがあった。ウシ科のオーロックスや、ケサイというサイの仲間など、すでに絶滅した動物の骨も見つかった。   英国セバーン川の河口で、ツルの足跡の型を取る考古学者のリサ・スネイプ=ケネディ。ツルはドッガーランドの人々の貴重な栄養源だったようだが、現在、英国ではめったに姿を見ない。(Robert Clark/National Geographic) [画像のクリックで拡大表示] その数十年後、ディック・モルという裕福なアマチュア古生物研究者が現れた。彼は網にかかった骨を持ち帰るよう漁師たちに頼み、それを見つけた海域の座標も記録させた。1985年、モルのもとに、すり減った臼歯が残る人間のあごの骨が持ち込まれた。アマチュアの研究者仲間、ヤン・グリメルフェーンとともに、状態の良いその骨を放射性炭素年代測定法で調べたところ、9500年前のものであることが判明した。つまり、骨は中石器時代の人間のものだったのだ。ヨーロッパ北部における中石器時代は、最後の氷河期の末期に当たるおよそ1万2000年前から6000年ほど続いた。 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20121215/334061/?rt=nocnt Advertisements

Posted in コラム, 科学, 自然 | Leave a comment

ヨットオーナーいろいろ[#takaue55]

現在ヨット「ホロホロ三世」を係留している「橘港」には、対岸の二隻を含めて合計9隻のヨットが係留されています その9隻のヨットには、それぞれオーナーが居るんですが・・・ 管理しているやり方や、ヨットへの接し方、考え方など「人の様々さ」を感じます 60歳以上が僕を含めて4隻5人(一隻は共同)で、僕ともう一人は完全退職者で、三人は未だに働いています。 僕ともう一人の「完全退職者」は「ヨットに乗れる人(技術的に)」で、毎年一ヶ月程度はちょっと遠くへクルージングに出ています 当然、港に行くと良く整備に来ていて、いつもヨットは動ける状態です ところが残る二隻3人は「ヨットに乗れない人(技術的に)」で、一年に一度か数度エンジンだけで1時間か二時間走る位です それなのに「何故ヨットを持ってるか?」と言うと・・・ 「ヨットを持ってる」とアチコチで言いたいからだろうと思います。 一隻の二人等は二年間係留したままで、台風が来ても見にも来ません 僕が異常を見つけて電話すると、ブツブツ文句を言いながら来る位で、そのヨットは死んだ親戚の人から貰ったものだそうですが、ヨットに対する愛情は欠片も見えません。 http://blog.goo.ne.jp/holoholo3/e/129a398292e2552d3ed5df8af9a7611a 「ホロホロの溝田さんのブログは、面白いので、オススメです。

Posted in コラム, ブログ | Leave a comment

週刊isologue(第181号)「海商法」でベンチャーの源流を考える(前編)[#takaue55]

司法試験でも公認会計士試験でも、商法第三編「海商」の部分は試験範囲から除外されてますので、私は「試験範囲に入ってないということは、よっぽどショーモナい法律なんだろな」と思ってました。(すみません)ところがよく読んでみると、(特に昔の)海商というのは「ベンチャー」そのものです。極めてリスクの高いビジネスにおいて、リスクにもめげずに資金調達をしたり、そのリスクの中で意思決定したり、リスクをコントロールしたりする工夫の積み重ねが法律という形に結実しているわけで、その昔のベンチャーの、荒削りだけど本質的なしくみを見ることは、現代のベンチャーに関わる人達にとっても、大いに刺激になるのではないかと思います。(すべての法律の中で、最もロマンをかき立てられます!) 海商の歴史を考える上で「ベンチャー」以外のもう一つの隠れたキーワードは「情報通信」です。今は世界中どこにいても衛星等を使って即座に陸地と連絡が付きますが、電信の発明される前は、せいぜい旗などで通信していたわけで、船長は本社(船舶所有者)や「上司」などに相談する「サラリーマン」ではなく、荒れ狂う海の中で強い権限と責任を持って独立して判断を下す「ベンチャー経営者」としての存在でした。現代の船舶は、GPSや衛星通信等の通信装置で、台風の位置や船の居場所もわかるしコミュニケーションも取りやすくなっていますが、こうした情報通信技術の発達により、この50年ほどで船長の位置付けや海のビジネスのリスクの構造などは大きく変わって来ました。 今週と次週の2回にわたって、この「海商」編の条文をもとに、法律の解説というよりはビジネスやファイナンス的な観点から考えてみたいと思います。 http://www.tez.com/blog/archives/post3930.html

Posted in コラム, ビジネス | Leave a comment