Category Archives: ブログ

メルカトルの呪い?地図のおはなし[#takaue55]

メルカトル図法は「任意の二地点間を結んだ直線と経線のなす角度」の正しさを保つために、面積や方位・距離の正しさを犠牲にしています。ところが、地図といえばメルカトル!というほどに見慣れた地図であることから、面積や方位を話題にした場合でもメルカトル図法の地図が用いられてしまうことがあります。これが、メルカトルの呪いと呼ばれる(呼ばれてない)悲劇の始まりです。 例えば、グリーンランドとオーストラリアの面積を見比べてみましょう。 まずはメルカトル図法で。 圧倒的にグリーンランドが広いですね。次に、面積を正しく表した正積図法(モルワイデ図法)で見ると… 今度はオーストラリアの方が広く見えます。実際の面積を数字で見ると、グリーンランド(2,166,086平方km)、オーストラリア(7,692,024平方km)ですから、オーストラリアが3倍以上も大きいのです。メルカトル図法は緯度が高くなるにしたがって面積や距離が拡大されるので、北極に近いグリーンランドは実際よりもはるかに大きく表示されてしまうわけです。 http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50695367.html わかりやすくて、面白いし、為になる話です。 Advertisements

Posted in ブログ, 海図、地図 | Leave a comment

masaki-signのブログ 私の世界・知らない世界―「世界の巨大スパーヨット10選・1位~5位」[#takaue55]

豪華なヨットの船旅は誰でも一度は夢を見ます。しかし、ヨットの船旅は富裕層の道楽(=スポーツ)に限られます。巨大ヨットの旅はスピードが遅い上に非常に経費が掛かるので、有り余る自由時間とお金が必要なのです。「それでも?・・」か、「それだから?・・」か、巨大ヨットを見ると少年?のように胸が躍るのです。以下は、“toptenz.net“より、「世界の巨大スパーヨット10選」です。1位のEOSは殆んどアルミニウムで出来た豪華な世界最大の帆船。 3位のThe Maltese Falcon(マルタの鷹)は、全ての帆がコンピュータによる自動操縦が可能。 http://masaki-knz.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/1015-8e33.html

Posted in スーパーヨット, ブログ | Leave a comment

気ままにヨットライフ[#takaue55]

10年前ひょんなことから45万円で中古クルーザーヨットを入手、たちまちヨットの虜に***今は2代目のヨット、カタリナ30を蒲郡市三谷ヨットハーバーに繋留してます****2003年、セミリタイヤして,時間に縛られないヨットの旅に出ようと思い立ち、航海日誌代わりにとブログを開始******しかし事情により出遅れること5年、ようやく今年から1か月間のロング?クル―ズ予定****まだ時間に縛られない長旅とは言えませんが、実現するのも間近かでしょうか****◆ヨットに興味をお持ちの方、経験、年齢、性別を問わずヨット・オリオンへ、お気楽に遊びにおいで下さい*****連絡先 cdw29990@par.odn.ne.jp (迷惑メールと区別するため、件名にヨットオリオンと入れてください) http://blog.livedoor.jp/orionhyodo/ ヨットがけっしてセレブの遊びじゃないのがよくわかる普通の人の、無理をしない等身大のヨットライフがわかるブログです。

Posted in ブログ, ヨット | Leave a comment

25年間のヨットの趣味を振り返って(2)帆船・日本丸を訪問する[#takaue55]

25年もヨットに乗っていると、風や波が帆や船体の何処にどの様に当たっているか実際に目に見えるような錯覚に捉われます。そこである疑問が湧いて来ました。「大型タンカーやコンテナ船、そして豪華客船の船長は帆船操作の経験をしているのだろうか?」、「していれば荒天のとき落ち着いて操船出来るに違いない!」、「まてよ、横浜の日本丸は昔、商船学校の練習船だったそうだ」、「そうだ、そこを訪ねて関係者に聞いてみよう!」、と。早速、車を駆って首都高速を駆け抜け、横浜、みなとみらいの日本丸の係留してある岸壁に行きました。2008年4月のことでした。 http://yamanasi-satoyama.blog.ocn.ne.jp/blog/2013/02/post_865d.html 「山林、杜の人のブログ」というタイトルのブログの記事ですが、たまに海がらみの話がでています。結構、面白く読めると思います。

Posted in ブログ | Leave a comment

JAZZYな生活:風良し、波良し、天気良し [#takaue55]

  上天気にさそわれて出かけた、阪神高速・湾岸線ドライブ。前回の続きです。さて、おとぎの国の城を後に、舞洲から橋をひとつわたると、「大阪北港ヨットハーバー」。ここには、かって時々ヨットと海を見ながら、ランチを食べたご贔屓のカフェ・レストラン「パパ・ヘミングウェイ」があるところ。(参照拙ブログ「大阪北港ヨットハーバー ~人生の寄港地にて~」、「続ける・・・・・・」 など) ひさしぶりにと思って寄ってみたが、悲しいかな閉店となっていた。ロケーションも雰囲気も味もいい店だったのに ・・・。ご贔屓の店がまた一つなくなってしまった。 link

Posted in ブログ, 泊地 | Leave a comment

磯料理 ヨット[#takaue55]

さて先日、お誕生日が近い友人Hちゃんと、遅ればせながらのお誕生会をする事になりました。 リクエストは、イタリアンでもなくフレンチでもなく、伊勢えびが食べたいとHちゃん。 ほんじゃー1年に一度くらい伊勢えびだーという事になり、お店は浜島にある「磯料理 ヨット」でしようってことに。 なかなか渋いチョイスです。そして当日、2人の誕生を祝福(正確には過ぎてたし、まだでしたが)するかのようなお天気の下、1月週末の異様に混み合う内宮前を奇跡的に渋滞に巻き込まれずに通りすぎ、一路浜島へ向かったのでした。 大あさり焼き550円とか、今の季節だと真珠貝柱のお造り500円や同じく真珠貝柱バター焼き900円とか、浦村のかき焼き550円とかパールチャーハン1100円とかなまこ茶漬け600円とか、そりゃもうそそられる単品がいっぱいあってどうしたらいいか分からなくなるくらいだったのですが、今日の私達は、伊勢えびを食べることを目的にここまで来たのです。 ここはぐっと集中(?)して、2人とも伊勢海老定食をチョイスすることにしました。 ヨット一番人気のヨット定食に、伊勢海老がついた豪華版。 お値段は〜4900円。たまの大奮発です♪ http://hotmenu.jp/?p=10826

Posted in グルメ, ブログ, 地方 | Leave a comment

ヨットオーナーいろいろ[#takaue55]

現在ヨット「ホロホロ三世」を係留している「橘港」には、対岸の二隻を含めて合計9隻のヨットが係留されています その9隻のヨットには、それぞれオーナーが居るんですが・・・ 管理しているやり方や、ヨットへの接し方、考え方など「人の様々さ」を感じます 60歳以上が僕を含めて4隻5人(一隻は共同)で、僕ともう一人は完全退職者で、三人は未だに働いています。 僕ともう一人の「完全退職者」は「ヨットに乗れる人(技術的に)」で、毎年一ヶ月程度はちょっと遠くへクルージングに出ています 当然、港に行くと良く整備に来ていて、いつもヨットは動ける状態です ところが残る二隻3人は「ヨットに乗れない人(技術的に)」で、一年に一度か数度エンジンだけで1時間か二時間走る位です それなのに「何故ヨットを持ってるか?」と言うと・・・ 「ヨットを持ってる」とアチコチで言いたいからだろうと思います。 一隻の二人等は二年間係留したままで、台風が来ても見にも来ません 僕が異常を見つけて電話すると、ブツブツ文句を言いながら来る位で、そのヨットは死んだ親戚の人から貰ったものだそうですが、ヨットに対する愛情は欠片も見えません。 http://blog.goo.ne.jp/holoholo3/e/129a398292e2552d3ed5df8af9a7611a 「ホロホロの溝田さんのブログは、面白いので、オススメです。

Posted in コラム, ブログ | Leave a comment