Category Archives: ヨット

大阪市が大阪北港ヨットハーバーを民間活用[#takaue55]

大阪市は、大阪北港ヨットハーバーの不動産について、土地を事業用定期借地権設定で賃貸し、建物を売却する。入札の実施要領は2月28日まで配布する。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/140205700021.html ◆北港がどうなるか、個人的には結構な関心事です。

Posted in ヨット, ヨットクラブ, 行政, 泊地 | Leave a comment

気ままにヨットライフ[#takaue55]

10年前ひょんなことから45万円で中古クルーザーヨットを入手、たちまちヨットの虜に***今は2代目のヨット、カタリナ30を蒲郡市三谷ヨットハーバーに繋留してます****2003年、セミリタイヤして,時間に縛られないヨットの旅に出ようと思い立ち、航海日誌代わりにとブログを開始******しかし事情により出遅れること5年、ようやく今年から1か月間のロング?クル―ズ予定****まだ時間に縛られない長旅とは言えませんが、実現するのも間近かでしょうか****◆ヨットに興味をお持ちの方、経験、年齢、性別を問わずヨット・オリオンへ、お気楽に遊びにおいで下さい*****連絡先 cdw29990@par.odn.ne.jp (迷惑メールと区別するため、件名にヨットオリオンと入れてください) http://blog.livedoor.jp/orionhyodo/ ヨットがけっしてセレブの遊びじゃないのがよくわかる普通の人の、無理をしない等身大のヨットライフがわかるブログです。

Posted in ブログ, ヨット | Leave a comment

第38回 舵杯ヨットレース2013のご案内 [#takaue55]

昨年の第37回舵杯レースは、10mオーバーの絶好の風の中、全艇フィニッシュと迫力あるレースが展開されました。 本年も4月13(土) ~4月14日(日)の両日、笠岡市白石島において、笠岡ヨットクラブを中心に近隣のヨットクラブおよびヨット連盟の協力のもとに開催されることになった。 白石島がある笠岡諸島は瀬戸内海の東西の中心に位置し、多島美と瀬戸の夕日、海の青さ、宿泊施設の充実、泊地の完備等々、レガッタには絶好のロケーシヨンである。 笠岡ヨットクラブより「レース公示」が送付されています。この機会に是非笠岡諸島に来ていただき、レースそして初春の瀬戸内海観光を楽しんでいただきたいとのご案内です。 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/38—38th-kazi-.html 笠岡諸島には素敵な島々が浮かんでいる。個人的には瀬戸内海で一番気に入っています。

Posted in イベント, ヨット, レース, 瀬戸内海, 告知, 地方 | Leave a comment

シドニー〜ホバートヨットレース 2012結果[#takaue55]

今年もボクシングデー恒例の『シドニー〜ホバートヨットレース』が開催されました。世界でもっとも過酷なヨットレースと言われています。今年は77艇のヨットが参加しました。しかしレース開始直前に、2003年に優勝した Wild Thingが生類不備のために失格になりました。12月26日午後1時にシドー湾を出発、今年は天候も比較的穏やかだったために、現在の所3艇が事故のためにレースから脱落しましたが、ヨットの衝突や沈没など、クルーの負傷に関わるような大きな事故は発生しておりません。大型で高速化したスパーマキシーが、ラインオーナーには有利になっていますが、Wild Thingが失格になったために、Wild Oats XIが一番人気でした。12月28日午前7時23分、Wild Oats XIはホバートにあるフィニッシュラインを通過しました。2005年Wild Oats 自身が打ち立てた、シドニー〜ホバートヨットレースの記録を15分程短縮する、1日18時間23分でした。今年は日本からBengal7が参加しています。日本のヨットがレースに参加するのはしばらくぶりのようです。今この記事を書いている時点で13位のポジションにいます。12月29日の午前10時頃にホバートに到着の予定ですが、無事にレースを終えられることを願っています。 優勝したWild Oats Ⅺ by Rolex Sydney Hobart

Posted in ヨット, レポート, レース | Leave a comment

日本初・大型EVヨット「ブルーノア号」大阪湾ー宇和島間 航海成功![#takaue55]

「ブルーノア」号は電気で推進する日本初の大型EVヨットです。使用電力はヨットに搭載の水素発電機、ガソリン発電機、太陽光発電機で充電する他、各電力会社の系統電力(コンセント)から大型リチウムイオン電池および鉛バッテリーに給電し蓄電しています。この実証試験として、平成24年11月28日(水)に大阪湾の忠岡港を出発、12月7日(金)に愛媛・宇和島港に到着し、本実験は成功致しました。 http://www.nicovideo.jp/watch/sm19549610

Posted in トピックス, ヨット, 科学, EV | Leave a comment

<宇宙ヨット>「イカロス」ギネス認定 世界初の太陽光飛行[#takaue55]

太陽の光を帆に受けて飛ぶ宇宙航空研究開発機構(JAXA)の宇宙ヨット「イカロス」が、世界初の太陽光宇宙ヨットとしてギネス世界記録に認定された。燃料を使わず、宇宙で14メートル四方の薄い樹脂製の帆を広げて太陽光を受ける「ソーラーセイル技術」による飛行が特徴。アイデアとしては100年ほど前からあったが、実現したのはイカロスが初めて。イカロスは10年5月、鹿児島県のJAXA種子島宇宙センターから、H2Aロケットで打ち上げられた。ソーラーセイル技術や、帆に貼り付けた薄膜太陽電池で発電ができることを実証し、昨年1月、運用を終えた。 http://news.goo.ne.jp/article/mainichi/life/20121207dde041040079000c.html

Posted in トピックス, ヨット, 科学 | Leave a comment

『人生いかに遊ぶか!? ─パネライ、海、男の文化─』トークショーレポート [#takaue55]

晩秋の銀座、オフィチーネ パネライ銀座ブティックで「男の遊びとは何か」をテーマに、エディトリアル・ディレクターの石川次郎氏と本誌編集長鈴木正文のトークショーが開催された。当代名編集長二人ということで、会場は満席となり、読者の熱い視線の中、石川氏、鈴木が登場した。冒頭、パネライが主催するパネライ・クラシック・ヨット・チャレンジ(以下PCYC)に参加した石川氏から、海を彩るクラシックヨット、年々盛り上がりを見せるレース、現地の模様の説明があり、イタリアの風景、照りつける太陽に輝くクラシックヨットのVTRが映し出された。現地の興奮冷めやらぬ石川氏は、PCYCの開催を決定し、パネライが所有する「アイリーン号」を発見したCEOのアンジェロ・ボナーティ氏とのエピソードを披露し、トークショーのテーマである男の遊びについて迫った。 http://gqjapan.jp/2012/11/28/paneraieventreport/

Posted in イベント, ヨット, レポート | Leave a comment