Category Archives: 冒険

【EU発!Breaking News】ひょんなことから16年ものヨット世界旅行へ。60代夫婦が無事、祖国に帰港。(英)[#takaue55]

「自分たちもまさか16年間も海の旅を続けるとは思っていなかった」とグリーン夫妻。祖国イギリスを出発した時には40代だったが、再びその港に戻った時、2人は60代にもなっていた。イギリスのメディアは今どこも、クライヴ&ジェーン・グリーン夫妻による16年もの海の大冒険と無事帰港を大きく称えている。スペインをセーリングしたいと思ってヨットを購入したが、スペインを離れると西アフリカ沖のカーボベルデに進路をとり、それはいつしか56か国を訪ねる51,000海里(=94,452km)の航海になってしまったというのだ。英ウェールズ・モンマスシャーのアバーガベニーに暮らしていたグリーン夫妻が、全長10メートルのヨット“Jane G”号でペンブルックシャーの港から旅に出たのは1998年のこと。公益事業の仕事をしていたクライヴさん、微生物学研究所のアシスタントとして働いていたジェーンさんだが、生活が厳しくなることを覚悟の上で40代半ばにして早期退職を決心。その時夫妻の頭にあったのは、断捨離ならぬ“物々交換”による暮らしであった。さらに夫妻はある時、「これを世界中でやれば十分に暮らしていける」と思い至ったのであった。ジェーンさんはメディアの取材に、「私がやって成功させた最高のトレードはブラジャーよ。M&Sのブラジャーをフィジー沖の小さな島の女性たちにあげたら、大変な量の野菜や果物をくれたわ」と語っている。 8月14日 ライブドアニュースよりhttp://news.livedoor.com/article/detail/9147024/ カップルや夫婦がヨットで世界一周などの長期クルージングに出ると、9割方、空中分解し、離婚してしまうのも珍しくないのに、素敵な夫婦だと素直に羨ましく思いました。

Posted in セーリングクルーザークルーザー, トピックス, cruising, 冒険, 旅行, 人物 | Leave a comment

クリス・トッドさんの目標はウェールズからアイルランドまでアイリッシュ海を歩いて渡ること![#takaue55]

そのために、彼はハムスターの歯車みたいなものを作って挑戦しました。48時間程歩いたら着く予定だったのですが、9時間で壊れてしまい、近くのボートに救出されてウェールズに戻ったそうです。その時の様子の一部がこちらの動画で見ることができます。トッドさんはまだこの夢を諦めておらず、サイトを通じて寄付を募っています。歩いて海を渡るなんて、キリスト以来ですものね。次は成功するといいですね。 http://www.gizmodo.jp/2012/11/post_11085.html

Posted in トピックス, 冒険 | Leave a comment

北極圏・北西航路、帆船が通行に初成功 海氷融解で実現[#takaue55]

】かつて氷に閉ざされ、砕氷船しか通行できなかった北極圏の北西航路(Northwest Passage)の航行に、このほどスウェーデンの小型帆船が初めて成功した。地球温暖化で海氷が融解したため実現した。スウェーデン船籍の帆船「ベルゼブブ2号(Belzebub II)」(全長9.4メートル)で、カナダ・ノースウェスト(Northwest)準州の北端にあるマクルア海峡(McClure Strait)の通行に成功。カナダ・ニューファンドランド(Newfoundland)島からグリーンランド(Greenland)を経由してカナダ北極圏を抜けた。乗組員はベルゼブブ2号を所有するスウェーデン人のエドウィン・ブーレグレーン(Edvin Buregren)氏(35)、米国人のモーガン・ペイセル(Morgan Peissel)氏、カナダ人のニコラス・ペイセル(Nicolas Peissel)氏の3人で、3か月に及ぶ航海の記録はウェブサイト「belzebub2.com」で公開されている。3人によると、北西航路の通行に砕氷船以外の船が成功したのは史上初めて。今回の航海の目的は、北極圏で急速に進む海氷の融解を記録し、地球温暖化問題を啓発することだという。ウェブサイトには、次のように書かれている。 (AFPより 北極域の地表温度の変化を示す写真-NASA) link

Posted in cruising, 環境, 冒険 | Leave a comment

ヨットで地球を3周した海洋冒険家・白石康次郎「バーチャルな冒険では、ハートが鍛えられない」[#takaue55]

次の大きな目標は、2016年に開催されるヴァンデ・グローブ参戦。フランスのヴァンデから出航し、南極を一周してヴァンデまで。2万6000マイル(約4万8152km)をおよそ100日間ぶっ通しで走り、速さを競う世界一過酷なヨットレースだ。 陸にいるときの白石さんはトレーニングに余念がない。山岳マラソンやアドベンチャーレースに参加するのもトレーニングの一環だ。体を鍛えるだけではなく、少林寺拳法や居合といった東洋武術で精神も磨いている。「居合の稽古では真剣を使います。この時代、いきなり刀で敵に襲われることなんてあり得ないですよね。でも、海の上では突風が吹いたり、クジラが衝突してきたり、危険なことが平気で起こります。別に、突風もクジラも僕を怖がらせようと思って襲ってくるわけじゃない。怖いと感じているのは自分の心なんです。だから自分に打ち勝って、そこかしこにある危険に対処しなければならない。「優しいのはいいことだけど、いざというとき優しさだけじゃ大切な人を守れません。死ぬまで試練のない人生なんてどこにもないし、台風も地震も津波もいつやってくるかわからない。そのときのために、日頃から冒険しておくことが大事。最初はちょっとした旅でもいい。だんだん距離を伸ばして、冒険のグレードを上げていくうちに体もハートも強くなっていくはずだから」 http://news.livedoor.com/article/detail/6933942/

Posted in 冒険, 人物 | Leave a comment

16歳の時にヨットで単独世界一周を果たしたジェシカ・ワトソンのストーリーが映画化![#takaue55]

2010年、16歳の時にヨットで単独世界一周を果たしたジェシカ・ワトソンのストーリーが映画化されることが、Digitalspyや複数のメディアが伝えたことで明らかになった。 16歳の時にヨットで単独世界一周を果たしたジェシカ・ワトソン Brendon Thorne / Getty Images これはオーストラリアン・インターナショナル・ムービー・コンベンションで発表され、パラマウント・ピクチャーズのもとで、映画『ソウル・サファー』の監督ショーン・マクナマラ監督とプロデューサー、デヴィッド・ブルックウェルの制作会社ブルックウェル・マクナマラ・エンターテインメントが製作することになっている作品。さらに、ジェシカ・ワトソンが執筆した自叙伝「トゥルー・スピリッツ(原題) / True Spirits」を基に映画化する予定だ。ジェシカ・ワトソンは、ヨットによる世界最年少の単独無寄港、無支援の世界一周を目指してオーストラリアのシドニー港を2009年の10月に出航し、翌年の5月に再びシドニー港のフィニッシュラインを超え、世界一周を果たした。撮影は、来年の初期にオーストラリアのシドニーやゴールドコーストで撮影に入り、来年の年末に公開する予定でいるようだ。『ソウル・サファー』のチームが手掛けることで、刺激的な作品になりそうだ。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki) http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0045311

Posted in トピックス, 芸能, 冒険, 動画, 人物 | Leave a comment

【主役】 ヨット単独世界一周 浦滝富士幸さん ●45歳で脱サラ ヨット単独世界一周 浦滝 富士幸(ふじゆき)さん(49)[#takaue55]

3年半に及ぶヨットによる単独世界一周航海を終え、1日に小樽市の祝津マリーナに帰港した。豪州、南アフリカ、ブラジル、南太平洋。貿易風に乗り巡った距離は6万キロを超える。道内の高校を卒業し、すぐに就職した。ヨットに出会ったのは33歳の時。友人に乗せてもらって魅せられた。「ヨットなら太平洋全部が行動範囲になる」。釣りに使っていたモーターボートをヨットに買い替えた。2008年末、45歳で27年間勤めた通信会社を退社。札幌市東区に家族を残し、全長11・5メートルのシーガル号で室蘭港を出港した。「何よりもエネルギーを使ったのは航海よりも会社を辞めることだった」。会社を辞めて夢を追うことが異端視される日本の風潮に疑問を感じ、出航前のヨット仲間の集まりで「自分はテストケース」と話した。航海に成功した今、がむしゃらに働く決意をしている。「生活面でもサクセスストーリーを作らないと、後に続く人が出ない。サラリーマンでも社会人でも、ヨットで世界一周できるんだと示したい」(2012年07月30日 朝日新聞北海道) http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000951207300001

Posted in 冒険, 人物 | Leave a comment

浦滝さん、小樽着 3年半かけヨットで単独世界一周 [#takaue55]

【小樽】単独世界一周を目指し、2008年12月にヨット「シーガル号」で室蘭港を出発した札幌市東区の元会社員浦滝富士幸さん(49)が1日、小樽市祝津3の祝津マリーナに戻り、目標を達成した。世界一周航海は道内で3人目、単独では2人目の快挙。 浦滝さんは、33歳でヨットを始めた。00年に世界一周したヨット仲間の野村輝之さん(70)=札幌市中央区=から9年前にシーガル号を購入。今回の世界一周は、室蘭から太平洋を南下後、西回りに進む航路で、寄港地は23カ国、航行距離は6万1千キロに及んだ。同マリーナで行われた帰港式には家族や友人らが約30人が参加し、3年半に及ぶ長旅の労をねぎらった。浦滝さんは「地球は小さい星と感じた。航海は素晴らしい生活、素晴らしい学校だった」と笑顔で振り返った。<北海道新聞7月2日朝刊掲載> http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/384394.html

Posted in cruising, 冒険 | Leave a comment