Category Archives: 天候

スマホで海の安全情報発信、GPS連動 海上保安庁[#takaue55]

 海上保安庁は10日、スマートフォン(スマホ)向けに海上の気象データや浅瀬などの危険海域を提供するサービスを始める。全地球測位システム(GPS)と連動、漁船やプレジャーボートの乗員がスマホで利用すると現在地と周辺情報が自動表示される。事故防止につなげる狙いだ。  台風接近や津波発生による避難勧告などの緊急情報も配信する。  同庁は灯台などを使って全国130カ所で周辺海域の風向きや風速など気象を観測。パソコン向けに気象データを提供しているが、利用者は自ら現在地周辺の情報を探す必要があった。パソコン版は月間平均49万人の利用があるという。  同庁によると、2014年のプレジャーボートの事故件数は932隻と船舶事故全体の43%に上り、漁船(28%)を上回った。プレジャーボートの事故の95%は沿岸から9.2キロ以内で発生している。スマホは沖合10~20キロまでは電波を捕捉できるという。  同庁の担当者は「準備不足による事故が目立つ。海域の情報をきちんと確認してほしい」と呼びかけている。  スマホ版ホームページのアドレスはhttp://www6.kaiho.mlit.go.jp/sp/index.html (4月10日 日本経済新聞Web刊より) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG09H67_Z00C15A4CR8000/ ここまでスマホが便利なツールになると、海に出るときの必需品となる日も近いだろう。ひょっとすると法定安全備品に加えられる日も来るかも。 Advertisements

Posted in equipments, News, WEB, 天候 | Leave a comment

海の気象予報、きめ細かく 10倍以上細かい区域で発表[#takaue55]

 気象庁は日本近海の風や波の予報について、これまでの10倍以上細かい区域で発表するよう改めた。きめ細かな予報により、漁船やプレジャーボートの事故防止につなげるのが狙い。観測点の少ない海上の気象状況は予測が難しいとされるが、海運関係者も「航行の計画を立てる上で役立つ」と歓迎する。  これまでの海上予報は日本近海を大きく37の区域に分けて、風速や波の高さ、霧による見通しの距離、着氷の予報や警報を発表していた。気象庁が3月から運用を始めた新たな予報は、約100キロメートル四方に範囲を狭め、約400の区域ごとにした。  従来の対象区域は、沿岸部から沖合まで数十万平方キロメートルに及ぶ広い範囲もあった。広い海域の端を台風が通る場合でも全域に台風警報や暴風警報が出ていたため、「実際は波も風も穏やかなのに警報が出る海域もあり、警報の危険性を正確に認識してもらうのが難しかった」(気象庁)。  細分化したことで必要な海域の予報精度が高くなり、信頼性が高まると気象庁はみている。プレジャーボートや小型船の海難事故防止に役立ててもらいたい考えだ。 (4月3日 日本経済新聞Web刊) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19HAJ_S5A400C1CR8000/ 気象予報の充実、大大大歓迎!

Posted in Navigation, 天候, 気になったニュース | Leave a comment

春の寒さ、北極圏の海氷の縮小が原因か[#takaue55]

北半球では、春分から1週間以上過ぎても通常より低い気温が続いている。これに関して気象学者らは、海を覆う氷の減少が原因ではないかとする最近の研究を指摘している。北半球では、春分から1週間以上過ぎても通常より低い気温が続いている。これに関して気象学者らは、海を覆う氷の減少が原因ではないかとする最近の研究を指摘している。地球温暖化による北極圏の海氷の減少のため、大気の循環が変化して雪と氷が増大すると気象学者のリュー・ジーピン(Jiping Liu)氏は説明する。リュー氏はこの問題に関し、2012年に「Proceedings of the National Academy」誌で発表された研究を主導している。 http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20130327001

Posted in 自然, 天候 | Leave a comment

<強風>ヨット6艇転覆、12人救助される 兵庫・西宮[#takaue55]

西日本では10日、寒冷前線の通過に伴って朝から強風が吹き、けが人が出るなどした。気象庁によると、大津市で午前11時18分に最大瞬間風速28.9メートルを記録したほか、松江市24.9メートル(午前5時23分)▽和歌山県かつらぎ町22.2メートル(午後0時38分)▽大阪府豊中市20.6メートル(午前11時38分)--など、各地で3月として観測史上最大の瞬間風速を記録した。 午後0時10分ごろ、兵庫県西宮市西宮浜4の新西宮ヨットハーバー沖約1キロの海上で、合同練習中の神戸大医学部と近畿大のヨット部の計6艇が転覆、12人が海に投げ出された。いずれも救助されたが、このうち近畿大3年の男子学生(21)と、救助にあたった甲南大2年の女子学生(20)が低体温症の疑いで病院に搬送された。県警西宮署によると、当時は甲南大、関西学院大も加わり4大学25艇50人が合同練習中。同署は強風にあおられて転覆したとみている。神戸海洋気象台によると、付近は前夜から強風波浪注意報が出ていた。 link 強風の中で練習しないと、強風のレースでも早いセーラーにはなれないし、微妙なところですなぁ…

Posted in ディンギー, 天候, 海難 | Leave a comment

332カ月連続で平均を上回る全球気温 [#takaue55]

あなたは27歳より若いだろうか。米国海洋大気庁(U.S. National Oceanic and Atmospheric Administration:以下NOAA)の最新データによれば、地球全体の平均気温(全球平均気温)はこの27年間、それまでの平均以下になったことが一度もないという。NOAAは月間調査報告書「State of Climate」の分析のなかで、2012年10月の全球平均気温が14.63℃であったと発表。これは、10月としては観測開始以来5番めの暖かさで、20世紀の平均より0.63℃ほど高かった。また、これにより全球平均気温は332カ月連続で平均を上回ったという。 http://wired.jp/2012/11/22/october-temperatures-warm/

Posted in トピックス, 環境, 科学, 自然, 天候 | Leave a comment

日本気象協会、「tenki.jp」で新コンテンツ「海の天気」を提供 [#takaue55]

日本気象協会は7月26日、同協会の運営する天気総合ポータルサイト「tenki.jp」において、新サービス「海の天気」の提供を開始した。スマートフォンからの利用にも対応している。「海の天気」は従来から提供していた「波と潮位」情報を大幅にリニューアルしたもので、全国約200地点における海の天気情報を提供する。提供コンテンツは、潮位グラフ / 天気予報 / 風・波情報 / 紫外線情報、日の出・日の入情報 / 月齢・潮情報 / 潮汐情報。潮位グラフは24時間先までの潮位の推移を3時間ごとに表示し、天気予報では今日と明日の天気に加え、10日先の天気もチェック「10日間天気予報」も表示される。 http://news.mynavi.jp/news/2012/07/27/028/

Posted in 告知, 天候 | Leave a comment