Category Archives: 娯楽

変わりダネ海の生き物グッズ、人気マグロ解体フィギュアから謎の深海生物まで[#takaue55]

海の生き物グッズが人気となっている。すしネタや謎の深海生物などその内容はさまざまだ。最近、少し変わった海の生き物のフィギュアやグッズが注目され、売れ行きも好調だ。  まずは、市場に入荷された魚がいかにして食材となるのかをたどるもの。東京築地のまぐろ卸業者である山和(東京都中央区)が企画・製作した「解体フィギュア・黒マグロ」は、市場から飲食店や鮮魚店へ出荷されるまでに、1匹の魚がどう切り分けられていくのかを忠実に再現できるユニークな商品だ。黒マグロの解体に特化した集団である山和が手がけただけあり、全長330ミリの同商品は、姿形はもちろん部位など細部にいたるまで、さすがはプロと誰もが納得の逸品に仕上がっている。価格は、黒マグロ本体や下ろし台、下ろし包丁、ディスプレイ用台座などのセットで2万9,400円。黒マグロの部位や解体手順を説明する際の教材やディスプレイ用を想定しており、業者向けが中心のようだが、マニアも楽しめそうなリアルな商品だ。 ……一方、謎の深海生物「ダイオウグソクムシ」の関連グッズも売れている。鳥羽水族館(三重県鳥羽市)で飼育されているダイオウグソクムシは、2009年にエサを食べてからは絶食状態になったとして、話題となった生物。ついに今年は6年目に突入した。同生物は、陸上でよく見かけるダンゴムシの仲間でルックスも似ており、どちらかといえばグロテスクだ。しかもサイズはかなり大きい。絶食中の鳥羽水族館の1匹も、体長は29センチもある。関連グッズは大人気で、鳥羽水族館のウェブサイトの売上ベスト5のうち、2位と5位にはダイオウグソクムシのぬいぐるみが堂々のランクインとなっている。このうち2位の「ダイオウグソクムシ特大(6,090円)」の大きさは約52センチ。絶食中の1匹よりもジャンボなサイズだ。 http://moneyzine.jp/article/detail/210162/ Advertisements

Posted in トピックス, 娯楽 | 1 Comment

沖縄美ら海水族館、「3D空間認識技術」採用のスマホアプリ無料配布中[#takaue55]

沖縄県本部町の「沖縄美ら海水族館」では、同館が飼育する全長8.5メートルのジンベエザメ「ジンタ」をさまざまな空間に出現させたり、写真を撮影することができるAndroid用アプリ「美ら海ARカメラ」を、11月1日より配信中だ。アプリを起動し専用のマーカーにかざすと、画面上にはジンベエザメが表示される。さらに8.5メートルの実物大まで拡大も可能。周囲の風景や人物と大きさを比べられるだけでなく、さまざまな場所でジンタといっしょに写真撮影もできるというものだ。 http://news.mynavi.jp/news/2012/12/28/061/

Posted in トピックス, 娯楽, 水族館 | Leave a comment

沖縄美ら海水族館が“一番”になったターニングポイントとは?[#takaue55]

スポーツはもちろん政治、芸能界に至るまで、あらゆる世界に存在している“逆転劇”。そんな逆転劇の当事者や関係者の知られざるエピソードを紹介する「痛快!逆転レジェンド~Xの伏線~」が10月8日(月・祝)に関西テレビで放送される。同番組は“ただの偶然=奇跡”ではない4つの逆転エピソードを徹底取材。当事者や関係者の間だけでしか知り得ないエピソードや思いをインタビューと再現VTRで明らかにし、逆転劇のナゾを解き明かしていく。古今東西の逆転劇が起こった時“X(エックス)の瞬間”を、ストーリーテラーの市川猿之助が案内する。「海遊館VS美ら海水族館“日本一”をかけた知られざる逆転劇」では、2002年にリニューアル・オープンした沖縄県の人気観光施設「沖縄美ら海水族館」の入場者数日本一奪還の瞬間を解き明かす。同水族館のスタッフは「水槽の中を沖縄の海そのものにしたい!」という思いから、容量7,500立方メートルというとてつもない水槽でのジンベエザメの飼育や、他に類を見ないサンゴ礁の大規模飼育などさまざまな工夫を実施し、入場者をとりこにしていった。その結果、ついに大阪にある「海遊館」との入場者数を逆転させることに成功する。 http://news.walkerplus.com/2012/1006/2/

Posted in ビジネス, 観光, TV, 娯楽, 水族館 | Leave a comment

【瀬戸内海 清盛500キロクルーズ】 BSプレミアム 09月29日(土) 19:00 ~20:59[#takaue55]

いくつもの島々が絶景を生み出す瀬戸内海を2012年大河ドラマ「平清盛」出演俳優たちが旅するドキュメンタリー。豊原功補ら3人が清盛や平氏ゆかりの地を巡り、現在も瀬戸内海の各地に残る平清盛の魅力に迫る。清盛が神戸から厳島神社へ向かった瀬戸内海ルートをいく豪華クルーズの旅、「平家物語」に登場する源平合戦の名場面をまわって乗馬や弓を体験する旅、平家落人の里を訪ねて自然と触れ合う旅など3つの旅だ。 http://www.j-cast.com/tv/2012/09/27147476.html 瀬戸内海をホーム海域にして遊んでいるヨットマンやボートマンにとっては、知っている場所が数多く登場すると思われるが、意外に知らなかった歴史的エピソードもしることができそうだ。私も、見てみようと思う。

Posted in cruising, 瀬戸内海, 娯楽, 気になったニュース, 泊地 | Leave a comment

Googleに海の中のストリートビュー登場[#takaue55]

ストリートビューは、南極やアマゾン川等、地上の様々な場所を 360 度のパノラマ写真でお届けしてきましたが、本日、初めて海中からの眺めもお届けできるようになりました。泳ぎの苦手な方も、スキューバダイバーでない方も、美しい海の中からの眺めをご覧いただくことができます。今回の海中のストリートビューは、The Catlin Seaview Survey という海洋調査研究と協力し、特殊な機材を使用して、オーストラリアのグレートバリアリーフのヘロン島、レディー・エリオット島、ウィルソン島、さらに米国ハワイのモロキニクレーター、ハナウマ湾、さらにフィリピンのアポ島を撮影しました。 http://googlejapan.blogspot.jp/2012/09/blog-post_27.html ダイバーでなくても、一見の価値あり!今のところ、きれいな海ばかりだが、敢えて瀬戸内海とか、三陸沖などもとりあげたら興味深いと思うのだが…

Posted in トピックス, Photo, trend, 動画, 告知, 娯楽 | Leave a comment

「この海に沈んだ塊、何だと思う?」 [#takaue55]

南国の海に引き下ろそうとしている、水色をした謎の塊。不思議な形をしていますが、いったい何なのか想像できるでしょうか。答えは続きをご覧ください。 大きなガラスが張られているようですが……。 そして内側から見ると、この絶景! 実は海の中にあるレストランだったのでした。 寝室にカスタマイズされた部屋もあるようです。こんなベッドで寝てみたい! インド洋の島国であるモルディブの「the Ithaa Undersea restaurant」と言う2005年にできた海中レストランで、ヒルトン・モルディブ・リゾート&スパの1施設だそうです。 入口も絶景ですね。 http://labaq.com/archives/51760470.html 以前作っていた雑誌でこのホテルを取材したことがあるが、ヒルトンの名に恥じない贅沢なビーチリゾートでしたが、リゾートも進化するものなのかな?なんにもしていない自然海岸でも、こんな施設ができるとは夢にも思えないほど美しかったのを憶えている。

Posted in 観光, 娯楽, 旅行 | Leave a comment

「海猿」興収63億&動員500万人突破!「テルマエ」抜き邦画No.1に [#takaue55]

伊藤英明が主演する人気シリーズの最新作「BRAVE HEARTS 海猿」が、劇場公開から41日で累計興行収入約63億円、観客動員約500万人を突破。今作の大ヒットを記念し8月22日、東京・お台場シネマメディアージュでファン大感謝祭イベントが行われ、伊藤をはじめ加藤あい、三浦翔平が出席した。 http://news.ameba.jp/20120822-885/

Posted in トピックス, 芸能, 娯楽 | Leave a comment