Category Archives: 旅行

【EU発!Breaking News】ひょんなことから16年ものヨット世界旅行へ。60代夫婦が無事、祖国に帰港。(英)[#takaue55]

「自分たちもまさか16年間も海の旅を続けるとは思っていなかった」とグリーン夫妻。祖国イギリスを出発した時には40代だったが、再びその港に戻った時、2人は60代にもなっていた。イギリスのメディアは今どこも、クライヴ&ジェーン・グリーン夫妻による16年もの海の大冒険と無事帰港を大きく称えている。スペインをセーリングしたいと思ってヨットを購入したが、スペインを離れると西アフリカ沖のカーボベルデに進路をとり、それはいつしか56か国を訪ねる51,000海里(=94,452km)の航海になってしまったというのだ。英ウェールズ・モンマスシャーのアバーガベニーに暮らしていたグリーン夫妻が、全長10メートルのヨット“Jane G”号でペンブルックシャーの港から旅に出たのは1998年のこと。公益事業の仕事をしていたクライヴさん、微生物学研究所のアシスタントとして働いていたジェーンさんだが、生活が厳しくなることを覚悟の上で40代半ばにして早期退職を決心。その時夫妻の頭にあったのは、断捨離ならぬ“物々交換”による暮らしであった。さらに夫妻はある時、「これを世界中でやれば十分に暮らしていける」と思い至ったのであった。ジェーンさんはメディアの取材に、「私がやって成功させた最高のトレードはブラジャーよ。M&Sのブラジャーをフィジー沖の小さな島の女性たちにあげたら、大変な量の野菜や果物をくれたわ」と語っている。 8月14日 ライブドアニュースよりhttp://news.livedoor.com/article/detail/9147024/ カップルや夫婦がヨットで世界一周などの長期クルージングに出ると、9割方、空中分解し、離婚してしまうのも珍しくないのに、素敵な夫婦だと素直に羨ましく思いました。

Posted in セーリングクルーザークルーザー, トピックス, cruising, 冒険, 旅行, 人物 | Leave a comment

ヨーロッパ30か国を4分で巡る。高画質の素晴らしいタイムラプス映像「マジカル・ヨーロッパ」[#takaue55]

 この夏休み、どこにも行けそうにない人も、この映像を見ることでヨーロッパを旅行している気分になれるかもしれない。30か国を2年間かけて旅した家族が膨大な写真をつなぎ合わせて作ったという四季折々のヨーロッパの光景は、まるで絵画を見ているような気分になれる。 カラパイアよりhttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52169129.html

Posted in 観光, movie, 旅行 | Leave a comment

MSCヨットクラブがさらに広がります – MSCクルーズ[#takaue55]

MSCクルーズは2012年12月3日(月)から6日(木)まで開催中の国際見本市、第11回インターナショナル・ラグジュアリー・トラベル・マーケット(ILTM)に出展し、ファンタジアクラスの客船およびMSCヨットクラブをご紹介しています。 招待客のみが参加できるこの一大イベントでは、世界中が憧れるラグジュアリーな旅行を提供する企業が一堂に会します。0170ブースでは、MSCヨットクラブのバトラーがゲストを温かくお迎えし、本物のサービスの一部を体験することができます。 MSCヨットクラブはファンタジアクラスの船首にエリアを構える「船の中にある船」です。ここでは贅沢でプライベートな究極のサービスを体験できます。MSCヨットクラブ専用デッキ、船首からの壮大なパノラマ、バトラーサービス付きのスイートといったコンセプトを持つ聖域ではプライバシーと特別なサービスが手に入りますが、同時に大型客船が持つ多彩な施設を利用できるのが魅力です。 ゲストは専用のザ・ワン・プール、ソラリウム、パノラマ風景を眺めながら1日中おいしい軽食が食べられるトップセイル・ラウンジ、美食家のためのメニューを揃えた専用レストランをご利用いただけます。MSCヨットクラブから直通エレベーターで行けるMSCアウレア・スパでは、サウナとトルコ式バスを無料で体験できます。MSCヨットクラブのお部屋は、デラックススイート、エグゼクティブ&ファミリースイート、ロイヤルスイートの3種類。内装と調度品には細部までこだわっています。お部屋の設備はあらゆる世代の方を対象にしており、ソフトドリンクとアルコールを備えた無料のミニバー、任天堂Wii、大理石のバスルーム、エジプト綿のシーツ、ドレラン社の枕メニュー等をご用意しています。24時間対応のバトラーサービスでは、荷解きや荷造り、優先チェックインとチェックアウト、ディナーの予約、船内ショップでのお買い物、寄港地観光やスパの予約等を承ります。MSCファンタジアとMSCスプレンディダに導入されて以来、MSCヨットクラブは贅沢な旅行の代名詞となりました。MSCディヴィーナのデビューとファンタジアクラス最後の客船となるMSCプレチオーサが来年3月に加わることで、ファンタジアクラスは計4隻になります。様々な賞を受賞したMSCヨットクラブを利用できるのはこれまで地中海クルーズだけでしたが、今後はファンタジアクラスの客船を世界中に配船することが可能です。   MSCのメイン客船の船首という最高の場所にあるMSCヨットクラブのスイートルーム。MSCヨットクラブ専用のコンシェルジュ・レセプションやバトラーサービスをご利用いただける、プライベートクラブの雰囲気を持つ安らぎの場所です。 http://pressrelease-zero.jp/archives/20681

Posted in クルーズシップ, 旅行 | Leave a comment

八重山ヨット倶楽部[#takaue55]

日本最南端のヨットクラブです!イベント、スケジュールなどの情報を発信していきます。 NPO法人 八重山ヨット倶楽部の本サイトはこちらです。 チャーターヨット利用案内:以下のヨットサービスをご利用いただけます。料金などの詳細は、各ホームページまたは電話にてお問い合わせください。また、各業者とお客さまとの間の料金や怪我などのトラブルに関して、当倶楽部では責任を負うことは出来ませんので、予めご了承ください。 シーマール電話090-6868-1075 シーテクニコ電話090-6867-4071 http://www.yaeyama-yacht-club.com/

Posted in チャーター, ヨットクラブ, cruising, 旅行 | Leave a comment

「この海に沈んだ塊、何だと思う?」 [#takaue55]

南国の海に引き下ろそうとしている、水色をした謎の塊。不思議な形をしていますが、いったい何なのか想像できるでしょうか。答えは続きをご覧ください。 大きなガラスが張られているようですが……。 そして内側から見ると、この絶景! 実は海の中にあるレストランだったのでした。 寝室にカスタマイズされた部屋もあるようです。こんなベッドで寝てみたい! インド洋の島国であるモルディブの「the Ithaa Undersea restaurant」と言う2005年にできた海中レストランで、ヒルトン・モルディブ・リゾート&スパの1施設だそうです。 入口も絶景ですね。 http://labaq.com/archives/51760470.html 以前作っていた雑誌でこのホテルを取材したことがあるが、ヒルトンの名に恥じない贅沢なビーチリゾートでしたが、リゾートも進化するものなのかな?なんにもしていない自然海岸でも、こんな施設ができるとは夢にも思えないほど美しかったのを憶えている。

Posted in 観光, 娯楽, 旅行 | Leave a comment

カタマランヨットで瀬戸内海クルージング◆広島 アクティブ女子旅[#takaue55]

広島県観光課主催の“アクティブ女子旅”特派員として2012年7月20日~22日、広島県を旅して参りましきのえ温泉 ホテル清風館でしっかりと朝ごはんをいただいた後は、A2Aクルーズのカタマランヨットで瀬戸内海クルージング!船に乗るの大好き! 旅先ではちょっと船に乗ってみたりすることも多いけれど、ヨットは初めて。ヨットの中はこんな風にゆったりと過ごせるようになっていて、広々としたベッドまでありました。 快適なソファに座ってのんびり。でもやっぱり海風を感じなくちゃと言うことで、外にも出てみました。 ひょっこりひょうたん島のモデルになったと言う島が見えたり。大きなお船が見えたり。大興奮のクルージングなのでした。*A2Aクルーズ* http://ameblo.jp/tokyo-morning-biyori/entry-11333435303.html

Posted in cruising, 瀬戸内海, 旅行 | Leave a comment

駅・夏模様(5)瀬戸の夕日 ゆったりと JR予讃線・下灘しもなだ駅(愛媛県伊予市)[#takaue55]

駅周辺に民家が十数軒、あとは自転車置き場があるだけ。列車の運行は、1時間にほぼ1本。愛媛県中部にある、一見何もない無人駅に、夕暮れ時になると人が集まってくる。目当ては瀬戸内海にゆっくりと沈んでいく夕日。7月下旬の日曜日もホームに10人余りの若者や中高年の男女がたたずみ、オレンジ色に染まった海を見つめていた。遠くには山口県の周防大島すおうおおしま。波音に鳥の鳴く声が交じり、ゆったりとした時間が流れていく。その日出会った会社員の高谷直樹さん(60)、恵さん(61)夫婦もこの夕日を眺めるため、自宅のある松山市から度々駅を訪れているという。水面みなもの照り返しがまぶしい夏、柔らかな日差しの春、澄んだ光に満ちた秋や冬。「何度見ていても飽きることがありません」 link

Posted in 旅行 | Leave a comment