Category Archives: 気になったニュース

海の気象予報、きめ細かく 10倍以上細かい区域で発表[#takaue55]

 気象庁は日本近海の風や波の予報について、これまでの10倍以上細かい区域で発表するよう改めた。きめ細かな予報により、漁船やプレジャーボートの事故防止につなげるのが狙い。観測点の少ない海上の気象状況は予測が難しいとされるが、海運関係者も「航行の計画を立てる上で役立つ」と歓迎する。  これまでの海上予報は日本近海を大きく37の区域に分けて、風速や波の高さ、霧による見通しの距離、着氷の予報や警報を発表していた。気象庁が3月から運用を始めた新たな予報は、約100キロメートル四方に範囲を狭め、約400の区域ごとにした。  従来の対象区域は、沿岸部から沖合まで数十万平方キロメートルに及ぶ広い範囲もあった。広い海域の端を台風が通る場合でも全域に台風警報や暴風警報が出ていたため、「実際は波も風も穏やかなのに警報が出る海域もあり、警報の危険性を正確に認識してもらうのが難しかった」(気象庁)。  細分化したことで必要な海域の予報精度が高くなり、信頼性が高まると気象庁はみている。プレジャーボートや小型船の海難事故防止に役立ててもらいたい考えだ。 (4月3日 日本経済新聞Web刊) http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG19HAJ_S5A400C1CR8000/ 気象予報の充実、大大大歓迎!

Posted in Navigation, 天候, 気になったニュース | Leave a comment

東京五輪、セーリング会場見直し 千葉市も検討 (07/22 23:42)[#takaue55]

   東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、五輪のために新設するセーリング会場の「若洲オリンピックマリーナ」(江東区)も見直しの対象としていることが22日、組織委関係者の話で分かった。招致段階で92億円と見込んだ整備費の増大などが理由といい、稲毛ヨットハーバー(千葉市)などへの変更の可能性も検討している。  関係者は「若洲はコストの問題がある。どこがベストの会場なのか精査しなければならない状況だ」と語った。舛添要一知事は同日、見直しについて「千葉、神奈川、埼玉というアイデアもある」と話した。   どうしん(北海道新聞)ウェブより http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/552706.html

Posted in オリンピック, ディンギー, 行政, 気になったニュース, 泊地 | Leave a comment

【瀬戸内海 清盛500キロクルーズ】 BSプレミアム 09月29日(土) 19:00 ~20:59[#takaue55]

いくつもの島々が絶景を生み出す瀬戸内海を2012年大河ドラマ「平清盛」出演俳優たちが旅するドキュメンタリー。豊原功補ら3人が清盛や平氏ゆかりの地を巡り、現在も瀬戸内海の各地に残る平清盛の魅力に迫る。清盛が神戸から厳島神社へ向かった瀬戸内海ルートをいく豪華クルーズの旅、「平家物語」に登場する源平合戦の名場面をまわって乗馬や弓を体験する旅、平家落人の里を訪ねて自然と触れ合う旅など3つの旅だ。 http://www.j-cast.com/tv/2012/09/27147476.html 瀬戸内海をホーム海域にして遊んでいるヨットマンやボートマンにとっては、知っている場所が数多く登場すると思われるが、意外に知らなかった歴史的エピソードもしることができそうだ。私も、見てみようと思う。

Posted in cruising, 瀬戸内海, 娯楽, 気になったニュース, 泊地 | Leave a comment

震災前に整備された防災拠点 海沿い多く「根本的見直しを」[#takaue55]

東日本大震災の死亡者数1万5867人──。その9割が直接的な地震によるものではなく津波による被害だった。国や自治体はこれまで地震対策は進めても、津波に対しては無防備だったことが証明されたわけだが、いまだその教訓が活かされていない。災害時に救援・復旧の司令塔となる全国の「防災拠点」の多くが、今も海のそばに造られ続けているのだ。写真で掲載した東京湾臨海部基幹的広域防災拠点(有明の丘地区)も臨海部の埋め立て地にある。ふだんは公園として使われるが、首都直下地震のような大災害が発生すると、公園は閉鎖され、本部棟内に国の緊急災害現地対策本部が設置され、そこが被災状況を収集し、復旧、救援活動の指揮を行なう。そうした重要な機能を担う本部棟は東京湾から600メートル、海抜8メートル、建物の高さ10メートル。防災・危機管理ジャーナリストの渡辺実氏が警鐘を鳴らす。「仮に本部棟が津波被害や液状化被害から無事でも、防災拠点と周囲の土地を結ぶ何本かの橋が破壊されれば、復旧活動も救援活動もままなりせん」さらに有明の丘は、そもそも施設の存在理由自体さえ希薄だ。 http://getnews.jp/archives/249191 東京は、海から続く運河網がはったつしており、それらの水路を災害時に被災者の避難や救援物資の運搬に使おうというお題目の下、災害時用岸壁を造ったり、切り立ったコンクリート堤防の内側にハシゴ状にステップを付けたりしているが、実際に水路を走ってみると、はしの高さが低いものが多く、小型ボートでなければ航行できないし、災害時用岸壁にはフェンスがあり、ゲートには固く鍵がかかっている。どうにも役に立つとは思えない災害対策が目立つ。ちゃんと、水や船、都市のことがわかっている人が計画に参画しているのだろうか?

Posted in 政治, 気になったニュース, 海難 | Leave a comment

瀬戸内海、水清くなり魚住まず?悲鳴上げる漁師 [#takaue55]

水がきれいになり過ぎて、魚が住めない?――。瀬戸内海で魚介類の漁獲量が減り続け、漁師らから、こんな声が上がっている。水質改善が進んだことで、植物プランクトンを育てる窒素やリンなどの「栄養塩」が減り過ぎたことが一因と分析する研究者もおり、国も実態解明に乗り出した。漁獲量減少の原因として、漁師が口をそろえるのは「海がきれいになり過ぎて、魚がいなくなった」ということ。兵庫県立農林水産技術総合センター・水産技術センターの反田実所長は「海水中の栄養塩が減り、海が『貧栄養化』してきたためでは」と指摘する。瀬戸内海では高度成長期、工場排水や生活排水に含まれる栄養塩で富栄養化が進み、赤潮の被害が頻発。このため国は、79年施行の「瀬戸内海環境保全特別措置法」(瀬戸内法)で工場排水制限や下水道整備などを進め、01年には窒素やリンの総量規制も定めた。因果関係は明確ではないが、漁獲量の減少は水質改善と並行して進む。窒素などを吸収して育つ養殖ノリが、栄養塩不足で黄色く変色する「色落ち」が兵庫、岡山、大分県などで頻発。大阪府南部では、魚のエサ場や産卵場になる海藻類が生えず、岩場がむき出しになる「磯焼け」もみられる。 http://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/life/20120824-567-OYT1T00716.html どうも眉唾ものの話だと思うのは私だけか?瀬戸内海は一時期より多少はきれいになっているが、他の海域に比べれて際立ってきれいな海というわけではない。きれいになりすぎて魚が少なくなったというのは、可能性のうちの一つとして考えられる、ということだろう。個人的には、底引き網漁で、稚魚もでも海藻でもなんでもかんでも根こそぎ採ってきたツケだと思っている。

Posted in トピックス, 環境, 気になったニュース, 漁業 | Leave a comment

海に浮かぶ摩天楼、未来の水上都市(提供:ナショナルジオグラフィック)[#takaue55]

海に浮かぶ未来の摩天楼「ウォーター・スクレイパー(Waterscraper)」。中央にそびえる透明なドームは、水面下120メートルに伸びるラグビーボール形の建造物の一部である。強力な水圧にも耐えられ、高級マンションやホテル、研究施設としての用途が想定されている。周囲のリング状の構造で支持し、安定を維持する。 海上を自由に移動できるが、錨(いかり)を下ろせば流される心配はない。ドームから差し込む自然光が、内部の明るさを保つ。ビーチやレストラン、マリーナ、ダイビング・センターなども備え、マンションの住人や宿泊客のニーズに応えるという。 ウォーター・スクレイパーのようなアイデアには、都市の人口増加圧力を緩和する役目が期待されている。国連の経済社会局(DESA)によると、いまや世界人口の半分が都市部に暮らしている。2050年までには、インド4億9700万人、中国3億4100万人、ナイジェリア2億人、アメリカ1億300万人が集中すると予測されている。National Geographic Newshttp://news.ameba.jp/20120804-5/ これは、いわゆるメガフロートのバリエーションで、アイデア自体が目新しいとはいえないが、都市人口の増大問題の解決策のひとつとして提案されていることが、現在という時代の危うさを実感させる。それにしてもこのまま海上を移動できるとは、物理的にも経験的にもどう考えても夢物語だと言わざるをえない。

Posted in トピックス, 科学, 気になったニュース | Leave a comment

これはいったい……実は恐ろしい海に入っていくカンガルーの謎 [#takaue55]

カンガルーといえば広い草原にいるところを思い浮かべてしまいますが、カンガルー達はしばしばこうして海に入っていくことがあります。いったいなぜなのでしょうか? 答:あなたを殺すため いったいどういうことなのか?連続写真を見てみましょう。 もし、肉食獣に追われてどこにも逃げ場がないとき、カンガルーたちはしばしばこうして深い水があるところに逃げていき、おぼれているかのような演技をします。実際カンガルーは泳ぎがとても上手。つられた肉食獣が近づいていくと頭を押さえられて逆に溺れさせられる……つまり目の前でカンガルーが水に入っていったら、それはあなたを殺そうとしているサインなのです。見た目はかわいいのにそんなことを考えているのですね…… http://dailynewsagency.com/2012/06/25/this-kangaroo-isnt-trying-to-cool-off-ve7/

Posted in 芸能, 気になったニュース | Leave a comment

単独横断ボート2隻遭難[#takaue55]

7日午前10時40分ごろ、太平洋を単独横断中の英国の女性冒険家サラ・アウテンさんが乗った手こぎボートから遭難信号が海上保安庁に入った。同日午後5時20分ごろには、アウテンさんとは別に太平洋横断中の英国人男性チャーリー・マーテルさんの手こぎボートからも遭難信号があった。第2管区海上保安本部(塩釜)によると、金華山(宮城県)の東南東約900キロの海上で救難機がアウテンさんのボートを発見、無線でアウテンさんの無事を確認した。また、マーテルさんのボートも金華山から東約1100キロの海上で確認、衛星電話でマーテルさんと連絡が取れているという。2人ともけがはない。2管は米国に向け航行中の民間の貨物船など2隻に救助を要請。アウテンさんの救助は8日午後となる見通し。宮城海上保安部の巡視船なども現場に向かっている。2管によると、ボートはいずれも全長約6・75メートル、幅約1メートル。マーテルさんは5月5日に、アウテンさんは5月13日に千葉県銚子市を出発し、マーテルさんは米国・サンフランシスコ、アウテンさんはカナダ・バンクーバーを目指していた。アウテンさんからは「荒天により船体に穴が開き、海水が浸入している。沈没の危険を感じている」、マーテルさんからは「船体の一部が破損した。救助願う」と連絡があった。アウテンさんは、人力で世界一周を目指し、昨年4月にロンドンを出発。カヤックや自転車を使ってユーラシア大陸を横断し、昨年11月に千葉県銚子市に到着した。 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20120607-OHT1T00200.htm 冒険に結果論を言うのはルール違反だと思っているが、私ははなからこの手漕ぎボートでの太平洋横断が成功するとはおもっていなかった。これまで何人ものチャレンj-を取材したことがあるが、いずれも海上保安庁のお世話になってしまっていた。大西洋でできたのだからと、自然に太平洋に冒険の触肢が伸びるのはわかるが、その困難さは教理や時間から算出しても、大西洋の4~5倍は難しいことは百も承知しているのだろうが、彼らに何かが足りなかったことは確かだ。ちなみに脚漕ぎボートで太平洋を渡った堀江謙一さんの偉大さを再認識したしだいである。

Posted in 気になったニュース, 海難 | Leave a comment

人力世界一周:手こぎボートで太平洋単独横断中のサラさん、銚子出港丸1日 ツイッターに「ヤッホー、黒潮に届いた」 /千葉 [#takaue55]

銚子市の銚子マリーナから、英国人女性冒険家のサラ・アウテンさん(26)が手こぎボートでの太平洋単独横断へ向け、漕ぎ出した。出港から丸1日たった14日現在、100キロ近く東方で黒潮の流れに乗りつつあり、順調な滑り出し。東日本大震災で、同マリーナも桟橋やヨットなど77隻が流失する被害を受けただけに、市民らは「頑張って」と盛り上がっている。 http://mainichi.jp/area/chiba/news/20120515ddlk12040112000c.html

Posted in 冒険, 気になったニュース | Leave a comment

気になったニュース/尾道ビジター桟橋低迷/日平均1隻未満、PR強化開設1年[#takaue55]

プレジャーボートなど10隻を係留できる「尾道中央ビジター桟橋」(尾道市土堂)が開設されてから、2日で1年。3月までの利用実績は1日平均で1隻未満と低迷しており、県と尾道市は今後、サービス向上とPRの強化に努める。ビジター桟橋は市中心部にあり、県と市が工事費約1億2000万円を分担して造った。長さ10メートル前後の船の利用料は、1日1800円。最長で1週間係留でき、市は「観光にも便利」とうたっている。しかし、市によると、利用は大型連休中などに集中し、2011年5月~12年3月では234隻にとどまった。日本小型船舶検査機構(東京)によると、景気の低迷などから、国内のプレジャーボート、ヨットは10年度で計約21万8000隻と、01年度の計約33万1000隻から漸減。県は、桟橋の利用が伸びない一因とみている。1日にヨットで寄港した大阪府岬町の会社員三井崇生さん(40)は「商店街が近くて泊まるのにも便利だが、桟橋にごみ箱がないなど、不便な点も幾つかある」と話した。市は12年度、利用者へのアンケートで問題点を洗い出し、県もインターネットで予約ができるようにするなど改善を図っていく。(2012年5月2日  読売新聞) http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hiroshima/news/20120501-OYT8T01212.htm

Posted in 気になったニュース | Leave a comment