Category Archives: 泊地

「ひめじ いえしま海の駅」オープン[#takaue55]

    兵庫県家島諸島の家島港真浦地区に、平成 26 年9月に完成していた来訪者向け係留施設(ビジターバース)、この4月1日、「ひめじ いえしま海の駅」として正式にオープンした。利用には予約が必要で、家島観光事業組合( 079-325-8777受付時間:10~16 時)まで。 使用料:艇長 1m当り  3時間以内 100 円  3~6 時間以内 200 円  6~24 時間以内 780 円 https://web.pref.hyogo.lg.jp/chk11/iesima/documents/chirashi.pdf 家島といえば、以前から隣の男鹿(たんが)島の釣り宿「中村荘」の浮き桟橋が人気でもおススメの寄港地だが、寄港地は多いにこしたことはない。歓迎したいニュースなので、先々までの存続を願っている。 Advertisements

Posted in セーリングクルーザークルーザー, プレジャー, cruising, News, 泊地, 海の駅 | Leave a comment

東京五輪、セーリング会場見直し 千葉市も検討 (07/22 23:42)[#takaue55]

   東京都と2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、五輪のために新設するセーリング会場の「若洲オリンピックマリーナ」(江東区)も見直しの対象としていることが22日、組織委関係者の話で分かった。招致段階で92億円と見込んだ整備費の増大などが理由といい、稲毛ヨットハーバー(千葉市)などへの変更の可能性も検討している。  関係者は「若洲はコストの問題がある。どこがベストの会場なのか精査しなければならない状況だ」と語った。舛添要一知事は同日、見直しについて「千葉、神奈川、埼玉というアイデアもある」と話した。   どうしん(北海道新聞)ウェブより http://www.hokkaido-np.co.jp/news/sports/552706.html

Posted in オリンピック, ディンギー, 行政, 気になったニュース, 泊地 | Leave a comment

今だけ新旧ヨットハウス対決/江の島[#takaue55]

梅雨が明け、本格的な夏がやって来た。夏休みに入った子どもたちから「パパ、ママ、どこか連れて行って」とせがまれ、「ああ、そのうちにね」と生返事を繰り返している人も多いことだろう。もしあなたが都内近郊に住み、「建築好き」を自覚しているならば、この夏のお薦めは神奈川県藤沢市の江の島だ。 江の島の東岸にある江の島ヨットハーバーでは今、50年目の建て替えで既に閉館した旧ヨットハウスと新ヨットハウスが南北に並んで建つ姿が見られる。   (7月25日 ケンプラッツより) http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/article/building/news/20140723/671796/?bpnet

Posted in トピックス, ヨットクラブ, Photo, 泊地 | Leave a comment

豊田自動織機、海陽ヨットハーバーのネーミングライツを取得[#takaue55]

豊田自動織機は、海陽ヨットハーバーのネーミングライツパートナー(スポンサー企業)に選定されたと発表した。海陽ヨットハーバーは、小型ヨットを中心とした県営のヨットハーバーで、今回の同社のネーミングライツ取得で、名称が「豊田自動織機・海陽ヨットハーバー」となる。期間は2014年4月1日から2017年3月31日までの3年間。ネーミングライツ費用は年間270万円。 http://response.jp/article/2014/02/06/216592.html

Posted in ディンギー, 泊地 | Leave a comment

大阪市が大阪北港ヨットハーバーを民間活用[#takaue55]

大阪市は、大阪北港ヨットハーバーの不動産について、土地を事業用定期借地権設定で賃貸し、建物を売却する。入札の実施要領は2月28日まで配布する。 http://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/140205700021.html ◆北港がどうなるか、個人的には結構な関心事です。

Posted in ヨット, ヨットクラブ, 行政, 泊地 | Leave a comment

JAZZYな生活:風良し、波良し、天気良し [#takaue55]

  上天気にさそわれて出かけた、阪神高速・湾岸線ドライブ。前回の続きです。さて、おとぎの国の城を後に、舞洲から橋をひとつわたると、「大阪北港ヨットハーバー」。ここには、かって時々ヨットと海を見ながら、ランチを食べたご贔屓のカフェ・レストラン「パパ・ヘミングウェイ」があるところ。(参照拙ブログ「大阪北港ヨットハーバー ~人生の寄港地にて~」、「続ける・・・・・・」 など) ひさしぶりにと思って寄ってみたが、悲しいかな閉店となっていた。ロケーションも雰囲気も味もいい店だったのに ・・・。ご贔屓の店がまた一つなくなってしまった。 link

Posted in ブログ, 泊地 | Leave a comment

象の鼻パーク浮桟橋、ボートやヨットの夜間係留OK/横浜[#takaue55]

横浜市港湾局は、小型ボートやヨットが夜間でも係留できる試みを横浜市中区の象の鼻パークの浮桟橋「ビジターバース」で始めた。横浜観光や食事だけでなく、市内で宿泊できるようにすることで中心市街地のにぎわいにつなげる。 「ビジターバース」の社会実験は2010年度から開始。利用者は東京都内と横浜市金沢区からが多く、昼間だけでなく夜間も係留したいとの要望が寄せられていた。桟橋を利用するには運営協力費が必要だが、利用者は横浜みなとみらい万葉倶楽部の割引サービスが受けられる。夜間係留の対象施設は象の鼻パークB桟橋(桟橋延長15メートル、水深2・5メートル)。問い合わせは、運営事務局の京浜フェリーボート電話045(201)0821。 これで、利用手続きが面倒くさくなければ、関東ナンバーワンのクルージングスポットになるのは確実! 個人的には、寄港したら、必ず、万葉倶楽部のお風呂に入るというメニューを入れてクルージング計画を立てたい。

Posted in トピックス, cruising, 観光, 泊地 | Leave a comment