Category Archives: 瀬戸内海

無料になった「海の道」、サイクリストが続々[#takaue55]

愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」の自転車道の通行料金が19日、無料になった。 瀬戸内海と島々の眺望を楽しめるとあって、サイクリングコースとして近年人気が高まっており、この日もさっそく大勢のサイクリストが「海の道」を満喫した。  これまでは六つの橋ごとに50~200円、計500円の通行料が必要だった。県などの推計で、2012年度は約17万5000人が自転車で利用しており、愛媛、広島両県、今治、尾道両市が「観光振興になる」として国などに無料化を要望していた。 7月20日 読売オンラインより http://www.yomiuri.co.jp/national/20140720-OYT1T50026.html?from=ytop_main8

Posted in トピックス, 瀬戸内海, 観光 | Leave a comment

第38回 舵杯ヨットレース2013のご案内 [#takaue55]

昨年の第37回舵杯レースは、10mオーバーの絶好の風の中、全艇フィニッシュと迫力あるレースが展開されました。 本年も4月13(土) ~4月14日(日)の両日、笠岡市白石島において、笠岡ヨットクラブを中心に近隣のヨットクラブおよびヨット連盟の協力のもとに開催されることになった。 白石島がある笠岡諸島は瀬戸内海の東西の中心に位置し、多島美と瀬戸の夕日、海の青さ、宿泊施設の充実、泊地の完備等々、レガッタには絶好のロケーシヨンである。 笠岡ヨットクラブより「レース公示」が送付されています。この機会に是非笠岡諸島に来ていただき、レースそして初春の瀬戸内海観光を楽しんでいただきたいとのご案内です。 http://ventoorientale.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/38—38th-kazi-.html 笠岡諸島には素敵な島々が浮かんでいる。個人的には瀬戸内海で一番気に入っています。

Posted in イベント, ヨット, レース, 瀬戸内海, 告知, 地方 | Leave a comment

「瀬戸内海」=「東洋の地中海」。瀬戸内食材の恵みを贅沢に、地中海料理とコラボレーションした「瀬戸内バル Collabo」が三軒茶屋に11月27日オープン! [#takaue55]

三軒茶屋から246号を池尻方面に向かった、昭和女子大学のすぐそばに「瀬戸内バル Collabo」が11月27日オープンした。経営は寶田堂。代表取締役社長 関 喬史氏は2002年に牛角を代表とするレインズインターナショナルに入社。20代で部長に昇進したが、夢だった起業を実現するべく2007年に退職。同年に関氏出身地である香川県の名物料理「骨付き鳥」をメインメニューとした「居酒屋さいたどう高田馬場」を出店。以降五反田、亀戸、池袋と現在4店舗を運営する。 http://food-stadium.com/headline/002211.html

Posted in グルメ, 瀬戸内海 | Leave a comment

瀬戸内海で貨物船座礁 愛媛[#takaue55]

15日午前2時半ごろ、瀬戸内海にある愛媛県今治市の馬島の岩場で、神戸から韓国に向かっていたリベリア船籍の貨物船「プリンス・オブ・ウェーブズ」(7329トン、フィリピン人17人乗り組み)が座礁したと今治海上保安部に連絡があった。けが人や油の流出はない。同保安部によると、貨物船はバナナとパイナップル計2584トンを運んでいた。同保安部が座礁からの救出を進め、原因を調べる。 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121115/dst12111508420001-n1.htm

Posted in 瀬戸内海, 海難 | Leave a comment

岡山県牛窓町の観光情報・グルメ・宿泊情報が記載の「 うしまどストーリー」[#takaue55]

観光協会が運営する公式ホームページ。「日本のエーゲ海」とよばれる牛窓の海を見ながら、遊んで、食べて、ゆっくりとペンションで宿泊しませんか。 http://www.ushimado.info/spot/detail.php?id=12 ヨットハーバーもあるし、着岸できる豪華リゾートホテル「リマーニ」もあるし、景色はいいし、酒も魚も美味しい牛窓は、何度も寄港しましたが、おすすめのクルージングスポットです。

Posted in ホームページ, cruising, 瀬戸内海, 泊地 | Leave a comment

10月14日(日)に、豊島・泉屋(書院)でボサノバライブ あります!このライブに間に合うヨットが高松からでます♪[#takaue55]

瀬戸内海に浮かぶ島、香川県の豊島にある、家庭料理や本格的なお茶、ワインや パスタなどが味わえる「泉屋」と、幕末から明治にかけての西日本屈指の材木商であった片山氏の邸宅「片山邸」についてのご案内です。瀬戸・高松ブラジル音楽フェス@泉屋に間に合うように、クルージング会社の風向さんが、ヨットに乗せてくれることになりました。(往路のみ)こちらでご案内しております。 http://www.teshima-izumiya.jp/news/entry-38.html http://www.teshima-izumiya.jp/news/entry-36.html

Posted in イベント, ブログ, cruising, 瀬戸内海, 芸能, 観光, 告知 | Leave a comment

【瀬戸内海 清盛500キロクルーズ】 BSプレミアム 09月29日(土) 19:00 ~20:59[#takaue55]

いくつもの島々が絶景を生み出す瀬戸内海を2012年大河ドラマ「平清盛」出演俳優たちが旅するドキュメンタリー。豊原功補ら3人が清盛や平氏ゆかりの地を巡り、現在も瀬戸内海の各地に残る平清盛の魅力に迫る。清盛が神戸から厳島神社へ向かった瀬戸内海ルートをいく豪華クルーズの旅、「平家物語」に登場する源平合戦の名場面をまわって乗馬や弓を体験する旅、平家落人の里を訪ねて自然と触れ合う旅など3つの旅だ。 http://www.j-cast.com/tv/2012/09/27147476.html 瀬戸内海をホーム海域にして遊んでいるヨットマンやボートマンにとっては、知っている場所が数多く登場すると思われるが、意外に知らなかった歴史的エピソードもしることができそうだ。私も、見てみようと思う。

Posted in cruising, 瀬戸内海, 娯楽, 気になったニュース, 泊地 | Leave a comment

瀬戸内海沿岸の工場にメガソーラー、2013年末に出力を17MWで稼働開始[#takaue55]

メガソーラー設置後の予想図 三井不動産と三井造船は、大分県大分市にある三井造船大分事業所の遊休地にメガソーラーを建設することを明らかにした(図1)。大分事業所はコンテナ用クレーンや、橋梁などの大規模構造物を製造している拠点。大分事業所におけるメガソーラー事業には、三井造船が51%、三井不動産が49%出資する。今回建設するメガソーラーの最大出力は約17MW(1万7000kW)。2012年10月に着工し、2013年完成の予定。運転開始は2013年12月となる見込み(図2)。発電した電力は全量を九州電力に売電する。 三井造船大分事業所の全景。瀬戸内海沿岸に位置している http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1209/18/news020.html

Posted in 瀬戸内海, 環境, 開発, 泊地 | Leave a comment

神戸と海の観光を考える 海事観光立国フォーラム・須田寛さん講演[#takaue55]

海事と観光の振興のあり方を考える「海事・観光立国フォーラムin神戸」が7月13日、神戸市内で開かれ、観光庁から井手憲文長官も登壇し、観光振興への意識の共有が図られた。フォーラムは、日本海事センター(小幡政人会長)とJAPAN NOW観光情報協会(大島愼子理事長)の共催。12回目となる今回は国際観光・海事都市としての神戸の発展がテーマで、神戸をはじめ関西圏の海事・観光関係者ら約250人が参加した。井手長官は国の観光立国政策について解説。3月に閣議決定された第2期・観光立国推進基本計画、インバウンド、訪日クルーズ旅行の取り組みについて紹介した。海事と観光の振興を考える「海事・観光立国フォーラムin神戸」がこのほど、神戸市内で開かれた。観光分野では井手憲文・観光庁長官が登壇(本紙7月25日号に掲載「井手観光庁長官が講演 海事・観光立国フォーラムin神戸」)したほか、JR東海の須田寛相談役が「国際観光都市・神戸の魅力」を演題に講演。ニューツーリズムの観点から「神戸と海の観光」の可能性を語った。須田さんは港湾都市・神戸を念頭に、海に面する利点の一例として「ビル街も海を背景にすれば景観が美しく見える。"よそ者"はそう見ている」と評した。しかし、海を有する地域の人々はその魅力に気づいていないことが多く、もっと活用すべきだと強調した。須田さんは港湾都市・神戸を念頭に、海に面する利点の一例として「ビル街も海を背景にすれば景観が美しく見える。"よそ者"はそう見ている」と評した。しかし、海を有する地域の人々はその魅力に気づいていないことが多く、もっと活用すべきだと強調した。そして、「海」を観光の視点から論じる。海は景観や歴史文化、産業といった重要視すべき観光分野の接点に位置している存在とし「海を考えるだけでそのまちの観光が変わる」また、ニューツーリズムの観点から「海」を見ても「漁業、生産、運輸の第1―3次産業としての見方と、スポーツ、エコ、ヘルスなどのニューツーリズム各分野としての見方で捉えられる」と分析し、その可能性の豊かさに「海は新しい観光を見出せる素材」と期待感を示した。 http://www.travelnews.co.jp/closeup/report/1209071154.html

Posted in イベント, 瀬戸内海, 生活, 開発, 観光, 泊地 | Leave a comment

カタマランヨットで瀬戸内海クルージング◆広島 アクティブ女子旅[#takaue55]

広島県観光課主催の“アクティブ女子旅”特派員として2012年7月20日~22日、広島県を旅して参りましきのえ温泉 ホテル清風館でしっかりと朝ごはんをいただいた後は、A2Aクルーズのカタマランヨットで瀬戸内海クルージング!船に乗るの大好き! 旅先ではちょっと船に乗ってみたりすることも多いけれど、ヨットは初めて。ヨットの中はこんな風にゆったりと過ごせるようになっていて、広々としたベッドまでありました。 快適なソファに座ってのんびり。でもやっぱり海風を感じなくちゃと言うことで、外にも出てみました。 ひょっこりひょうたん島のモデルになったと言う島が見えたり。大きなお船が見えたり。大興奮のクルージングなのでした。*A2Aクルーズ* http://ameblo.jp/tokyo-morning-biyori/entry-11333435303.html

Posted in cruising, 瀬戸内海, 旅行 | Leave a comment