Category Archives: 調査

ロシアの学者グループ ヨットで大西洋を横断[#takaue55]

ロシア科学アカデミー高温統合研究所のウラジーミル・フォルトフ所長と情報数学シュミレーション分野における有名な研究者、アレクサンドル・ブガエフ氏は、ヨットで大西洋を横断した。彼らは、ヨット「シップマン63」に乗り込んだ7名のうちの2人だ。実際、2名にとって、このような航海は初めてのものではない。数年前には、ヨットで喜望峰およびホーン岬を回っていた。この2名の学者らは、世界一周航海も考えているほか、フォルトフ所長は、次の航海の目標として2007年に定められた新「世界の七不思議」をめぐる航海もありえるとしている。この、新「世界の七不思議」は、万里の長城、ローマのコロッセウム、ペルーのマチュピチュ遺跡、ヨルダンのペトラ、インドのタージマハール廟、リオデジャネイロのイエス・キリスト像、チチェン・イッツァのピラミッドとなっている。 http://japanese.ruvr.ru/2012_06_07/roshia-gakusha-taiseiyou-oudan/

Posted in トピックス, cruising, 調査, 冒険 | Leave a comment

JAMSTEC、海氷減少により北極海の下層雲が減少したことを確認[#takaue55]

海洋研究開発機構(JAMSTEC)地球環境変動領域・寒冷圏気候研究チームの猪上淳チームリーダーらの研究チームは、海洋地球研究船「みらい」によって蓄積されてきた現場観測データを用い、北極海の夏から秋に発生する高度500m以下に雲底高度を持つ下層雲が、海氷の減少に伴って30%減少したことを明らかにした。同成果は米国地球物理学連合発行の学術誌「Geophysical Research Letters」に掲載されたほか、「Nature Geoscience」にもリサーチハイライトとしても紹介された。 http://news.mynavi.jp/news/2012/06/01/115/

Posted in 環境, 調査 | Leave a comment

ホッキョクグマが687キロメートルの遠泳[#takaue55]

北極域の海氷の減少に伴い、ホッキョクグマが最長で687キロメートルに及ぶ遠泳をしていたことが、米地質調査所(USGS)の動物学者らのGPS(衛星利用測位システム)を使った調査で明らかになった。中には子連れで遠泳していたホッキョクグマもおり、地球環境の悪化があらためて、動物たちにも困難な生活を強いていることが分かった。調査はアラスカ北部の南ビューフォート海やチュクチ海にいるホッキョクグマのメス52頭に、GPS装置の付いた首輪をつけて移動の様子を追跡した。その結果、2004年から2009年までに、20頭のホッキョクグマによる50回の遠泳が観測された。1回の遠泳日数は平均3.4日間で、平均距離は154.2キロメートル。ほとんどが休息なしで移動したとみられ、中には9.7日間かけて687.1キロメートルも泳いだホッキョクグマもいた。 http://news.mynavi.jp/news/2012/05/16/069/

Posted in トピックス, 環境, 調査 | Leave a comment